お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

インフォメーション

ジャパンブルーな眠りのスタイル

アイをまとい アイに包まれ 安眠の世界へ

新たな御世への大嘗祭に最重要な「大麻」を藍で染めた古式ゆかしき「日本の眠り」

ジャパンブルーな眠りのスタイル

平成の世に、蚊帳をよみがえらせた菊屋は本年、大麻(ヘンプ)100%の蚊帳(=癒しのヒーリングネット)を藍で染めた「地球とつながるearth-net アースネット」を発表した。

蚊帳の素材である大麻(ヘンプ)は戦後、栽培が禁止されたが、皇位継承の儀礼である大嘗祭には欠かせない重要な素材で、古より「海水でも祓いきれない穢れを祓う」特別な祓い清めの道具として、しめ縄など神と人間とを取り結ぶ場面に必ず使われてきた。このヘンプ素材のタテ糸を絡ませながら、ヨコ糸を固定していくカラミ織は見た目も美しく、洗濯も可能にした新しい蚊帳である。さらに天然藍染めを施し、聖なる安眠空間としての蚊帳=アースネットは、この先100年後も受け継がれて欲しい日本の日用品としての評価も得た。(婦人画報 8月号)

アースネットから生まれたアースケット  一年を通して アイをまとう

2018年7月、藍染ヘンプの蚊帳(アースネット)の蚊帳生地を二重にしたケット(アースケット)を開発。

藍染を施したヘンプかやケットは、抜群の熱伝導性と吸湿発散性で夏を涼しく、冬を暖かくする見事なまでに四季の眠りを快適にするケットとなった。樹脂加工を施していない吸湿・発散性のある羽毛掛ふとんと併用すれば、冬でも綿毛布はもちろん、純毛毛布をも凌ぐほど理想の寝床内気候(温度33℃、湿度50%)を保ってくれる。

まさに、藍染・ヘンプ100%のアースケットは、四季のある日本での理想のオールシーズンケットと言える。

 

静岡発 ジャパンブルーな眠りのスタイル

アースネット・ケットの藍染は、タデアイを発酵させた藍染料「すくも」を用い、富士山麓の水で染めている。

藍染による消臭効果、細菌の増殖を抑制する効果、防虫効果により、蚊帳本来の機能を高め、肌に触れるケットで安全性・快適性を増長する。藍のケットをまとい、藍の蚊帳に包まれ、健やかに安らかな眠りへ貴方を誘う。

このジャパンブルーな眠り方は、平和を愛し、自然との共生~共眠を大切にする「日本らしさ」とも言えよう。

 

初のベスト8入りは逃したものの、素晴らしい日本流のサッカーを展開し、スタジアムでの応援・清掃など一連の【サムライブルーな日本のスピリット】が世界中で高い評価を受けた2018年サッカーW杯ロシア大会。

ここから2020年の東京五輪にむけて、ジャパンブルーな蚊帳・平和の象徴・地球と共生~共眠のアースネットを世界に輝かせる良いタイミングとして、菊屋はジャパンブルーな日本の眠りのスタイルを発信していく。

「大麻(ヘンプ)のチカラ × 藍(あい)のチカラ」 ジャパンブルーな 眠りのスタイルで 安眠の世界へ  

藍染ヘンプかやケット 藍染ヘンプワンタッチ蚊帳

藍をまとい、藍に包まれた 健やかで安らかな ジャパンブルーな日本の眠りのベースは

和の敷ふとんと自然素材の安眠枕をベースとして、サムライブルーな眠りのスタイルを

さらに地球とつながる健康法であるアーシングが寝ながらにしてできるヘンプアーシングシーツを提案する。

 

PAGE TOP