welcome
   
    
  
           進歩した不眠治療がアナタを救う

眠りたくても眠れない不眠症、
起きていなければならないのに眠気が抜けない過眠症。
睡眠にもいろいろな病気がありますが、
専門医と相談して治療計画を立て、規則正しい生活を送れば、
多くは改善されるようです。
各病状別に最新の治療法を紹介しましょう。

    


概日リズム性睡眠障害

強い光を浴びることで生物時計の針をもとに戻す

人間の体には「生物時計」があり、1日を約25時間のサイクルで
くり返しています。この体内活動のリズムを「概日リズム」と呼びます。

この概日リズムはある程度前後にずらすことが可能で、
昼夜交替の仕事をしたり、時差のある海外に出かけて活動することも
可能になるのです。
しかし、そのようなことをすると当然、体に無理がかかります。
その例として最も耳慣れたものが「時差ボケ」といえましょう。

時差ボケは一時的な症状ですが、不規則な生活を長く続けていると
睡眠・覚醒のリズムに異常が生じ、昼夜のサイクルと体のサイクルが
合わなくなることがあります。これを「概日リズム性睡眠障害」といいます。

概日リズム性睡眠障害には「睡眠相後退症候群」という、
極端な夜型が定着してしまうタイプと、
「睡眠相前進症候群」という極端な朝方が定着してしまうタイプがあります。
また、1日24時間のサイクルと1日約25時間の概日リズムの調整がうまくいかず、
睡眠時間が少しずつずれていく「非24時間睡眠・覚醒症候群」も
概日リズム睡眠障害のひとつに数えられています。

概日リズム性睡眠障害の治療には、体内のリズムを整える働きがある
ビタミンB12の服用や「光療法」が行われています。

生物時計は寝起きに朝日を浴びることでリセットされますが、
こうした睡眠障害の治療にはこの性質を利用するのが光療法です。
たとえば睡眠相後退症候群ならば、起きられる時間の数時間前に
無理をしてでも起き、高照度光(2500ルクス以上)を1時間程度浴びるのです。
壁や天井に蛍光灯が設置された部屋に入って光を浴びたり、
電気スタンド型の光源から光を浴びる方法などがあります。
そうすることによって、概日リズムを前方に整えることを目指すのです。
反対に睡眠相前進症候群の場合は夕方の適当な時間に光を浴びせ、
リズムを元に戻すことを図ります。

この治療法は薬物を使うよりも副作用の心配がないのが特長ですが、
人によっては煩わしく感じられることがあるのが欠点です。
「もちろん、治療には一通りでなくその人に合った最適な方法があるはず。
睡眠障害は専門家による治療だけでなく、本人の生活習慣を改善するなどの努力も
必要です。
まず大切なことは専門医を訪れて診断を受けること。
これは概日リズム睡眠障害だけでなく、すべての睡眠障害についていえることです」
(井上雄一先生)


睡眠時無呼吸症候群

軽症ならばマウスピース重症の場合は手術も

本人は眠っているつもりでも、高いいびきを伴う睡眠中に頻繁に呼吸が止まり、
ほんの少しの間ですが、何度も目覚めてしまう。それが睡眠時無呼吸症候群です。
太っている人に多いとされるこの病気は、まずアメリカで調査が行われ、
成人男性の2〜4%にあるという結果が出ていました。

太った男性に多く見られたことから、アメリカ人ほど太っていない
日本人でこの病気にかかっている人は少ないだろうと思われていました。
ところが実際には、日本人にもかなりな数の患者がいることが明らかになって
きました。

「日本人にも肥満体型が増えてきたことも原因のひとつです。
しかし、もともと日本人は顔面の骨格に奥行きが狭いため、
気道が詰まりやすい傾向があるのです」

睡眠時無呼吸症候群は、ひどくなると一晩に数百回も呼吸が止まり、
そのたびに目が覚めてしまいます。
当然、睡眠の質は悪くなり、日中も眠気が取れなかったり居眠りをしてしまうことも
あります。
「さらに悪いのは、止まってしまった呼吸を再開しようとするときに
血圧が急激に上昇するため、心臓や血管系に悪影響を及ぼしやすくなると
いうことです」
毎晩、このような状態を繰り返していると、
高血圧や心筋梗塞につながる恐れがあるといいます。
この病気に対処するには、まず食事療法や運動療法で
肥満を解消することが大切です。
さらに、アルコールは症状を悪化させるもとになるので、
控える、あるいは禁酒するといった生活習慣の見直しが必要です。

治療としては、軽症の場合には眠る前にマウスピースをつけて
気道がふさがるのを防ぐ方法があります。
専門の医療機関では「鼻マスク陽圧呼吸法」といって、
マスクから加圧した空気を送り込む加圧装置(シーパップ)を貸し出したり、
販売しているところもあります。
寝る前にこのマスクを装着すると、加圧された空気が気道を広げるので
呼吸が止まるのを防ぐのです。
また、扁桃腺が肥大しているために気道がふさがってしまうような場合には、
手術を行うこともあります。
ひどいいびき、睡眠時無呼吸症候群で広く行われている手術には
UPPPとLAUPという2種類があります。
いずれも気道をふさがないように口蓋垂や軟口蓋の形を変えるので、
呼吸がしやすくなり、心肺や血管系への負担も少なくなるというメリットがあります。



Home  あんみんnavi