快眠情報 INDEX

安眠コムトップ 蚊帳の博物館

No.0103  2000 / 06 / 12 入梅宣言 に 快眠宣言
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    【週刊】 快 眠 情 報 <<VOL.103>> 
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   (まぐまぐ Pubzine を通して 毎週月曜日に発行)

<<今週のINDEX ページ>> メールマガジン103号 目指せ眠りの自然体   

 http://www.anmin.com/kikuya/
   
  ※ ↑ 本日のメールマガジン ホームページ版 でご覧ください。
  これから夏に向けての快適・快眠グッズ&サービスを掲載してます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 つゆのない北海道を除き、ほぼ日本全域がつゆ入りしたようです。
これからの時期を快適に過ごすためにрc先はいろいろな工夫を
繰り返してきたようです。じめじめとした梅雨、それに続く暑い夏があっ
たればこそ、私たちの進化があったとも言えるでしょう。

 家をつくるにしても夏対応型の家屋=夏を快適に過ごせる家つくりを
目指してきました。梅雨の期間はかびや雑菌等の繁殖には絶好の時であり、
生命の危機回避のために匠の技が競わせてきたとも言えましょう。

 今日の疲れをとり、明日の活力を生み出す眠りもこれからの時期は浅く
なりがちです。
ここを如何に快適にやすむことにするかが私たちに課せられた進歩への
道標でありましょう。そしてそこにはきっとクーラーやエアコンに頼りき
るのではなく【自然との共生】という自然と調和の条件が課せられましょう。

そんなことを踏まえて、声高らかに【快眠宣言】を発令しましょ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 本格的な蚊帳のシーズンにおかげさまで大忙しの日々を送っています。
店頭ではあまり見られなくなった蚊帳がネットの世界で息を吹き返して
きています。
<<なぜか?蚊帳 なのに蚊帳!のアンケート&プレゼント企画>>
  好評継続中  http://www.anmin.com/kikuya/pre-kaya.htm

アンケートを取った結果 古式ゆかしき蚊帳はやはり蚊対策で使用すると
言うのが圧倒的多数でしたが(94%)クーラー対策が 43% と自然の風を
求める声の大きかったのもみなさんの心の叫びでしょう。
それにしてもこのサイトの平均年齢は32.5歳で女性が55%ですって。

************************************************************************

 入梅宣言後の【快眠宣言】の立役者たち

************************************************************************

<<トップバッター>> 古式ゆかしき日本の伝統 褥(しとね)
                        http://www.anmin.com/kikuya/sitone1.htm

古人の生活の知恵・褥(しとね)が京都の寝具メーカーイワタさんによって再現され
10年ほどになります。
歴代総理大臣や海外からの常連客を持つ元東伏見宮家別邸の名門旅館、京都吉田山荘
でも3年前からこの褥(しとね)を客室に配備されて夏のおもてなしをされてます。

  本麻パッド褥(しとね)の特徴
● 表生地も中綿も本麻100% だから汗を素早く吸収・発散
● ご家庭で丸洗いが出来ます。
● ひんやりした肌ざわり 手もみの「近江ちぢみ」を使用しています
● ベッドならマットの上に、和式なら敷きふとんの上に使えます 


<<セカンドバッター>> 2000年に初登場 さわやかラジカル敷ふとん
             http://www.anmin.com/kikuya/ragical1.htm
古式ゆかしき 褥(しとね)↑の下に最適。京都西川の最新商品ラジカルさわやか版
新開発ウェーブ構造により寝姿勢すっきり&広い表面積が吸湿・発散性に優れ、汗の
多い夏の眠りには最適です。
  ローズさわやかラジカル敷ふとんの特徴
● ダブルウェーブ構造でへたりが少なく、汗を素早く吸収・発散
● 新開発の親水性吸汗わた水に良くなじみ、ご家庭での丸洗いが出来ます。
● ISO14001工場で生産、中綿素材は再資源化でき、焼却しても有毒ガスが出ません。
● 夏の時期には麻パッド褥(しとね)の下にお使いください。 

 <<つづく>>

************************************************************************

  クーラー VS 蚊帳 論争

************************************************************************

前述の <なぜか?蚊帳 なのに蚊帳!のアンケート&プレゼント企画>
   http://www.anmin.com/kikuya/pre-kaya.htm
に取り組みながらいろいろと考えさせられました。
蚊帳が減少してきたのと、クーラーの普及、さらに平行して家屋形態の変化。
また別の角度からのアトピーやアレルギーの増加。この辺の相関関係について
一度書きたいと思っていましたので、ここに書かせていただきます。

夏対応型家屋を旨として発達してきた日本の建築技術・匠の技。その精神とは
裏腹に、今や日本の家屋は冬対応型に変貌しつつあるようです。この冬対応型
とは密閉された家屋とも言えましょう。
春夏秋冬lつの季節があり梅雨の期間が依然としてあるにもかかわらず、この
ように冬対応型の家屋を積極的に取り入れた背景には、クーラーの普及が大きな
理由であったのでしょう。

クーラーの登場が、自然の風で暑さを凌ぐ方法から、部屋の空気自体を冷やす
ことによって凌ぐ方法に変えたと言えるましょう。部屋が密閉されれば、外から
蚊の潜入は阻まれ、蚊帳(かや)が不要なものになってきたのでありましょう。

さて、このクーラー、どう考えても私たちの健康によいとは思えません。
私たちはクーラーによって季節に関係なく部屋の温度を一定に保つことができ、
快適に過ごしていると思っています。
しかし、それによって私たちの外界に対する適応力や身体の恒常性、あるいは
皮膚の抵抗力といった防衛体力は間違いなく低下させられています。

クーラーの台頭、蚊帳の衰退と平行して、アトピー性皮膚炎やアレルギー反応
を起こす人が増えてきていますが、これは外からの刺激に適応できず、身体が
拒否反応を起こすと言ったアレルギーでありましょう。

アレルギーの人が増えている原因は、一昔前に比べて外からの刺激が強くなって
いることにあることも否めないが、それ以上に私たちの防衛体力が低下している
ことにもありましょう。

健康に大きな影響を及ぼす住居は、基本的には気候に適応したものにすることが
最善であると言われます。
やはり夏を旨とする伝統的な風通しの良い、湿気がこもらない家屋がいいのでし
ょうね。クーラーは自然の摂理に反していましょうし、クーラーによる被害は
クーラー病ばかりではなく、地球温暖化現象等の地球環境にも悪影響を及ぼし
ていると言えましょう。

蚊帳の復活宣言を掲げるまでには行かずとも、また、クーラー全廃運動を推進
するにも、気が引けますのでなんとか上手に組み合わせていきたいものですね。

 ◇生活の中で、クーラーを我慢するという時間帯を持ちましょう
 ◇各部屋はできるだけ通風性をよくするために、一カ所は窓を開けましょう
 ◇夏の暑さにも負けない体力を、普段からつけておきましょう

そして他方、一つの豊かさを求めて、古くて新しい蚊帳を顧みましょう。

●クーラーや扇風機の風を直接受けず、麻素材を通過して、やわらかくまろやかに!
●麻は湿気を取り除く繊維。実際に麻の蚊帳の中の温度は蚊帳の外よりも一度近く低い
●麻の絶縁機能は、カミナリさま対策でも実績。クーラーの電磁波も安心
●麻の蚊帳使用→クーラーを控えめ→扇風機へ→うちわの使用→家内安全→地球安心
  こちらも「新しきこととは忘れ去られていたことに他ならない」の気づきです。 
 
○蚊帳の効用 http://www.anmin.com/kikuya/kaya2.htm

=====================================
あなたの眠り バージョンアップ
    三島 治@(有)菊屋
 http://www.anmin.com/kikuya/
 http://www.anmin.com/
  静岡県磐田市ジュビロード243
    0538-35-1666   Fax 0538-35-1735 
======================================