No.0269 / 2003 / 09 / 08 安眠のシナリオ
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   あ な た に や さ し い 快 眠 情 報 <<VOL.269>> 
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   (まぐまぐ & Pubzine を通して 毎週明けに発行)

   眠りよければ目覚めよし
   体内時計(サーカディアンリズム)のリセットは朝の光で!
   爽やかに朝日を浴びて、今日一日も元気に働きましょう。

  ◆日経流通新聞7月26日号 第一面ほぼ全面で紹介されました。
   <http://www.anmin.com/kaya/media/nikkei-ryu/>

  ◆処女作「どうぞ蚊帳の中へ」<http://www.anmin.com/kaya/hon1/>
    ー 21世紀によみがえる不思議空間 ー 三島おさむ著

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最近、悲しいことに少年犯罪の報道が多くなってきています。
そして、どうも睡眠についての問題がこれに絡んでいるように
感じられてなりません。

非行や犯罪に至らないまでも朝からぼんやりして元気がない、
疲れやすい、イライラして集中力がないと言った子ども達が
増えているようです。そしていわゆるキレル状態にまでのぼり
つめてしまって犯罪が起きてしまうというシナリオで、問題
の背景に生活の夜型化による子どもたちの深刻な睡眠不足が
あると、福島大学の福田一彦教授は発表しています。

そんな福田教授の報告書を目にしたのですが、実は、私はその
福島大学の卒業生であります。
私が福島大学に入学したのは1975年(昭和50年)でした。当時
は国立大学は一期校・二期校と分かれていて学生のほとんどは
一期校に破れた者でありましたが、学内は自由の気風が漂い溢
れ、教授と学生はひじょうに近い距離で生活をしていました。
私の経済学部はマルクス経済学と近代経済学が互いに仲良く磨
きあっていました。そんな中、私は剣道部に所属し、弁証法的
史的唯物論を武器に日本経済史を専攻していました。唯物論の
砦としての大学の地位も確立していました。

そんな福島大学を卒業してかれこれ25年にもなりますが、どう
も最近、母校の名前をよく耳にするのであります。私の仕事を
「人々に健康で快適な眠りを提供することである」とインター
ネット上にも掲げたと同時に、母校と不思議なご縁を強く感じ
るようになったのであります。

不思議な旅行作家である小林正観さんがの講演会が久しぶりに
ここ磐田で開かれたので、また行ってきました。小林正観さん
の三つの基本的な考え方として
(1)神とか守護霊とかいった目に見えないものは存在する
(2)人間は生まれ変わりを繰り返す 輪廻転生は本当だ
(3)人は生まれる前に人生のシナリオを書いてこの世に来る
といったことを掲げているのですが、学生時代に唯物論を学
んできた私も、この歳になってしっかりとその三つをなるほ
どと感じとっているのです。

福田教授は夜型の進展は「時差ボケ」と同じような現象を起
こし、人が本来持っている体内時計によってコントロールさ
れている体温や血圧などの自律神経系の活動やホルモンなど
の内分泌系の活動を乱れて、イライラや肩こり、不定愁訴な
どの症状を引き起こすことになると警鐘を鳴らしています。
日中の良好な覚醒状態を保つためにも早寝早起きを実践し、
昼と夜の生活にメリハリをつけて睡眠は夜間にまとめて一回
だけすることが大切だと説いています。これは睡眠学の王道
であると私は思っています。※ここでの王道は横道でないと
言う意味ですのであしからず。マルクスの言葉と違います。

その他、福島大学には飯田史彦先生が、「生きがいの創造」
をはじめとして私が在籍していた25年前には想像もつかない、
とってもためになることを教えてくれています。生きがいは
ぐっすりと良い眠りをとるために、とても大切な要素である
と痛感しています。
<http://www.anmin.com/kikuya/ikigai.htm>

また、福島大学の先輩である加藤勝也氏は枕に関してはわが
国のパイオニア的存在であり、今でもたいへんお世話になっ
ています。
<http://www.anmin.com/kikuya/katou.htm>

その他、福島大学ではなく福島医大をご卒業の浜松医大の永
田勝太郎博士も「不眠症研究会」をきっかけにこれからもお
世話になっていく方です。<http://anmin.com/fumin-ken/>

眠りのネットワーク、安眠のポータルサイトを築いていくに
このような不思議なご縁も、私が生まれる前に描いたシナリ
オであったのだろうと感じる今日この頃であります。
そして私のミッションは「人々に健康で快適な眠りを提供す
る」ことだと思い知る今日この頃であります。

中小企業の経営者の安眠のために
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しずぎんニュービジネス育成フォーラム
   http://www.anmin.com/kumiai/info/030911.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  開催日時 : 2003年9月11日(木) 13:00〜18:00
  会場 : アゴラ静岡(静岡銀行呉服町支店ビル)

「事例に学ぶ中堅・中小企業のIT活用法〜元気企業が実践
 するITの知恵」
   講師: 日経BP社 日経アドバンテージ編集部 
             副編集長 大山繁樹氏

 インターネットを活用したマーケティング戦略」
   パネリスト
    静岡産業大学 鷲崎早雄教授
    ITコーディネーター 古山正樹氏
    有限会社菊屋 代表取締役 三島治

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたは睡眠障害、大丈夫ですか?早期に発見。早期に改善を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【健康・睡眠診断】日本人の半数不眠 3割が潜在的不眠症!
 あなたは? → http://www.anmin.com/kikuya/atene1.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 目指せ、睡眠の自然体。睡眠環境の改善の道しるべ
   → http://www.anmin.com/bunkaten/teigi.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
二年に一度はふとんのお洗濯をお薦めします 心のおせんたくといっしょに
★お蒲団丸洗い3枚一万円 http://anmin.com/freshman/ment2-1.htm
--------------------------------------------------------------------
 =========== 
 構造医学の三島治療院  → http://fukutai.hoops.ne.jp/ 
 =========== 
  新しい治療法・構造医学の三島治療院 (院長・三島茂=私の弟)
  住所 東京都世田谷区等々力5−3−8 アベニュー等々力2F 
  電話 03-3704-8691 【完全予約制】   

================================

○このメールマガジンを書いている人=編集責任者は 三島 治です。
http://www.anmin.com/kikuya/watasi.htm

   ★ メールマガジン・バックナンバー(前回までを収録)
   http://www.anmin.com/kikuya/index-melmaga.htm

メールマガジンの登録解除ご希望の方は下記のURLでお願いします。
メール解除 <http://www.anmin.com/kikuya/mail-kaijo.htm>

=====================================
 あなたの眠りバージョンアップ
   三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
http://www.jubiroad.or.jp/kikuya/

 静岡県磐田市ジュビロード243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 
=====================