No.0313 / 2004 / 07 / 12  英語になった蚊帳  
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   あ な た に や さ し い 快 眠 情 報 <<VOL.313>> 
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   (まぐまぐ 等を通して 毎週明けに発行)

   眠りよければ目覚めよし
   体内時計(サーカディアンリズム)のリセットは朝の光で!
   爽やかに朝日を浴びて、今日一日も元気に働きましょう。
 
  ◆処女作「どうぞ蚊帳の中へ」<http://www.anmin.com/kaya/hon1/>
    ー 21世紀によみがえる不思議空間 ー 三島おさむ著

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

参議院選挙の結果は日本も諸外国と同じような二大政党の政治
体制となったようですね。いずれにせよ、国民もしっかりと
国内にとどまらず、国際的な国の行方に関心と責任を持ちた
いものです。

さて、主に日本にやってきている外国人のための雑誌である
ひらがなタイムズさんが私のところの取材に来ました。
http://www.hiraganatimes.com/hp/magazine/thismonth/thismonth-J.html

日本文化は今、インターネットが作り出した「蚊帳ブーム」
というタイトルでひらがなタイムズ8月号に掲載されてまし
た。今回のメールマガジンは、移すだけしたが、久しぶりに
英語と格闘してしまいました。ご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  Hir@gana Times 8月号より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 The mosquito net used to be a common sight in the
Japanese summer but disappeared for a long time due to the
introduction of air−conditioners.Now they are making a
comeback.Mr.Osamu MISHIMA has contributed to the revival
of mosquito nets.He owns a store called“KIKUYA”in Iwata
clty,Shizuoka prefecture,Which is also home to Jubilo Iwata,
a fbotball team in the J−1eague.
         
 かつて日本の夏の風物詩の一つでもあった蚊帳は、エアコン
などの発達により、すっかり姿を消していたが、最近、復活の
兆しを見せている。復活の仕掛人は静岡県の磐田市(Jリーグの
サッカーチーム、ジュビロ磐田の地元)で菊屋を経営する三島
治さんだ。


 Mr.MISHIMA took over a futon (bed)shop from his
father who has passed away,but at that time futon
shops had already lost their appeal.He began selling
products just after the start of the internet boom
in 1997.While he seldom sold mosquito nets from his
shop,they sold like hotcakes over the internet.
This caught the attention of the massmedia and they
were featured onTV,radio,newspapers and magazines.
Thus,the“MosqultOnetboom”began.

 三島さんは亡くなった父からふとん店の菊屋を受け継いだ。
しかし、ふとん店はすでに社会的ニーズを失っていた。インタ
−ネットビジネスが本格化し始めた1997年、三島さんはインタ
−ネットでの販売を開始した。蚊帳はお店ではめったに売れな
いのに、インターネットでは飛ぶように売れた。そして、その
現象がマスコミの目にもとまり、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌
で由り上げられるようになり「蚊帳ブーム」が起きた。

 MISHIMA joked,“It is a mosquito NET.That is why
it is suitable for the interNET" The Management Department
of Shizuoka Industrial Universlty and Iwata clty jointly
conducted research into “Why have mosqulto nets sold
so well?" The research was based on a questionnaire
completed by approximately 1,700 people who purchased
mosqulto nets at Kikuya in 2001 and 2002.
            
「モズキート・ネットだから、インターネットに向く商品なん
だろう」と三島さんは冗談交じりで話していたが、静岡産業大
学経営学部と磐田市が共同で、「蚊帳はどうして売れたか?」を
調査した。調査は2001年〜2002年の2年間に菊屋で蚊帳を購入
した1,700名あまりのアンケートをもとに行われた。

 Results from the survey showed typical mosquito net
buyers are "City−dwellers between 20 and 40. They prefer
the natural environment to artificial environments with
air−conditioners and purchase rather expensive items
if they are worthwhile." It was also discovered
mosquito nets were not only purchased to protect against
insects,but also for their ability to cool rooms uslng
a natural breeze and a desire to create a closer family
atmosphere. If you only want protection fom insects,it
is cheaper to buy a mosquito repelling spray.

 その分析から、「20〜40歳代で都市に住み、エアコンなど人工
的な環境よりも自然環境を好み、良い商品なら多少高くとも買
う」という蚊帳の購入者の人間像が浮かびあがった。そして、
蚊帳は単に防虫対策で買われるのではなく、自然の風で涼をと
りたい、蚊帳の中で家族が親密になりたいなど付加価値の面が
大きいこともわかった。確かに防虫対策だけなら、無色無臭の
薬品を便用したほうが、はるかに安く効率的である。

Welcome to the inside of a mosquito net
どうぞ蚊帳の中へ

 Mosqulto nets are becoming known as more than just a way
to protect against mosquitoes. They are also being noted
as a tool to create space to make families feel closer,
elderly people feel nostalgic, and as a fresh and
practical interior accessory for young people.
The mosquito net was part of the image of a Japanese
room,but recently mosquito nets for beds are selling
well. Kikuya provides a wide variety of items inresponse
to clients varied requests. They range from forelgn
mosquito nets to poles that allow mosquito nets to
be used in apartments. They claim their variety is
the best in Japan.

 蚊帳は防虫対策の枠を越え、、今や、家族を親密にさせる不思
議な空間を生み出す小道具として、年配の人には古き昔のノス
タルジアを感じさせ、若者には新鮮な実用的インテリアとして
脚光を浴びているようだ。蚊帳は和室に吊るという概念があっ
たが、最近はベッド用の蚊帳が売れ始めているという。菊屋は
さまぎまな需要に対応できるように品揃えをしている。外国の
蚊帳からマンションのベッドルームでも吊れる蚊帳柱まで、そ
の品揃えは日本一を自負する。


Mr.MISHIMA,Who created this boom,says with a
laugh,"I am thinking I have been given a present
from God. In the beginnlng I confused Home
pages with Hello pages and Yellow pages. As I
had many requests from customers for mosquito
nets,I met their needs.Then it worked.When I
planned something,it went wrong・Now I wish I
could save the world a little with mosquito nets."

ブームを創り由した三島さんは笑いながらこう
語る。「こうなったのは神様のごほうびと思ってい
ます。最初は、ホームページも、ハローページも、
イエローページもごちゃごちゃでした。皆さんか
ら、いろいろな要望があり、その通りのことをし
ていたらうまくいきました。自分の思うことをし
ていたときはうまくいかなかったんです。今は、
蚊帳で少しでも世界の人を救えればという気持ちです」。

 Mr.MISHIMA wrotea book titled "Welcome to inside
a mosquito net”(distributed by Booking).
The mosquito net is a symbol of the peaceful
soul of Japan since lt protects you without killing
insects. In the book he describes his experiences and
observations about mosquito nets. This book ,which
you might say is about‘mosquito net culture" is very
infbrmative.

 三島さんは「どうぞ蚊帳の中へ」(発売ブッキング)と
いう本を出した。蚊帳は虫を殺さずに身を守る道具として、
平和な日本本の心の象徴。著書にはこれまでの経緯と、蚊帳
の考察が書かれている。蚊帳文化論とも言うべきこの本は
示唆に富んでいる。

 For your infbrmation,the writers penname is
Osamu MISHIMA. Mr.MISHIMA says it is acombination
of the names of some of Japaneas most famous writers
−Yukio MISHIMA and Osamu DAZAI. Mr.MISHIMAs business
may soon reach out to the foreign market. You can
purchase mosquito nets from the web site below.

ちなみに、ペンネームは「三島おさむ」。自本の代表的な
作家、三島由紀夫と太宰治の組み合わせだと三島さんは言う。
三島さんの快進撃は、外国人にも飛び火しそうだ。

蚊帳は下記のURL http://www.anmin.com/kaya

以上、 Hir@gana Times 8月号より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界に飛び立つ新しい蚊帳  http://www.anmin.com/kaya
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう一つの豊かさを求めて、古くて新しい21世紀の蚊帳。

●クーラーや扇風機の風を直接受けず、麻素材を通過して、
 やわらかくまろやかに!
●麻は湿気を取り除く繊維。実際に麻の蚊帳の中の温度は
 蚊帳の外よりも体感温度が下がる
●麻の絶縁機能は、カミナリさま対策でも実績。クーラー
 の電磁波も安心?! 麻の不思議発見。
●麻の蚊帳使用→クーラーを控えめ→扇風機へ→うちわの
 使用→家内安全→地球安心
●洗うことが出来なかった蚊帳が洗えるようになりました。

あちらこちらで蚊帳が見直されて今、ディスカバー蚊帳。
「新しきこととは忘れ去られていたことに他ならない」の
 気づきでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本格的な夏の到来に、安眠を構築する寝具としておすすめ

【その1】 夏の布団といえば麻の褥(しとね)です。
 → http://www.anmin.com/kikuya/sitone1.htm

【その2】 古くて新しい麻の蚊帳はこちらです。
 → http://www.anmin.com/kaya

【その3】 すのこのベッド
 → http://www.anmin.com/shop/A004-bed05.htm

さらに、蚊帳とすのこの安眠コンビが誕生しました。
 → http://www.anmin.com/kaya/kaya-bed/index.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆安眠のための基盤=スリープケアシステム
  → http://www.anmin.com/bunkaten/s-care-s1.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
褥(しとね)の特徴 http://www.anmin.com/kikuya/sitone1.htm 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■涼しく爽やか
 汗ばんでも肌に密着しない 夏の繊維の王様
 通気性が優れている  汗を素早く吸収、乾きも早い
 また、麻の上には病原菌が寄りつかないともてはやされた
■丈夫で長持ち
 天然繊維の中ではもっとも強力 麻の強さはあの麻縄つくりでも
 実証
■優雅な風合い
 上品な光沢、洗えば洗うほど優雅な風合いを醸し出す 涼しさを
 醸し出すシャリ感 
■清潔で衛生的
 洗濯で汚れが落ちやすい 汗やアンモニアなどのの汚れは水洗い 
 ご家庭でお洗濯が出来ます

=========================

ここでの基本的な睡眠改善策は99年の日本睡眠環境学会で
発表させていただいた睡眠環境改善 第三の鍵「共生〜共眠」
をもとにします。
 http://www.anmin.com/kikuya/99gakkai/index2.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 目指せ、睡眠の自然体。睡眠環境の改善の道しるべ
   → http://www.anmin.com/bunkaten/teigi.htm

 健康のためには質量ともに充実した睡眠をとるために
 ◆環境つくりのためのスリープケアシステムを導入
  http://www.anmin.com/bunkaten/s-care-s1.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたは睡眠障害、大丈夫ですか?早期に発見。早期に改善を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【健康・睡眠診断】日本人の半数不眠 3割が潜在的不眠症!
 あなたは? → http://www.anmin.com/kikuya/atene1.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼早起きサイト 子供の早起きをすすめる会 <http://www.hayaoki.jp/>
  〜 朝陽を浴びて 昼間は大活躍 バタンきゅう 〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆羽毛ふとん 衛生面もご安心、さらに日に干せて丸洗い
 ができる 世界13カ国特許の羽毛ふとんをお薦め!
 安心してお使いになれます。
 → <http://www.anmin.com/kikuya/soumu1.htm>

--------------------------------------------------------------------
 =========== 
 構造医学の三島治療院  → http://fukutai.hoops.ne.jp/ 
 =========== 
  新しい治療法・構造医学の三島治療院 (院長・三島茂=私の弟)
  住所 東京都世田谷区等々力5−3−8 アベニュー等々力2F 
  電話 03-3704-8691 【完全予約制】 
================================

○このメールマガジンを書いている人=編集責任者は 三島 治です。
http://www.anmin.com/kikuya/watasi.htm

   ★ メールマガジン・バックナンバー(前回までを収録)
   http://www.anmin.com/kikuya/index-melmaga.htm

メールマガジンの登録解除ご希望の方は下記のURLでお願いします。
メール解除 <http://www.anmin.com/kikuya/mail-kaijo.htm>

=====================================
 あなたの眠りバージョンアップ
   三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
 〒438-0078
 静岡県磐田市ジュビロード(中町)243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 
===================