快眠情報 INDEX

安眠コムトップ 蚊帳の博物館

No.510 / 2008 / 5/12 「夏眠」対策には仮眠を
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   あ な た に や さ し い 快 眠 情 報 <<VOL.510>>
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    (まぐまぐを通して 毎週明けに発行)

【まぐまぐ】公式メルマガで“質の高い”睡眠のとり方を担当
  → http://official.mag2.com/wmagbiz/2008/03/29.html
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

先週末はちょっぴり気温が下がりましたが、これも一時
的なもので四季の移り変わりにはさほど影響はないでし
ょう。

眠りの四季とも申しましょうか、「冬眠」が終わって、
暁を覚えぬ「春眠」を過ごし、間もなく寝苦しい「夏
眠」となるわけです。この夏を上手に眠れる人が
「眠りの達人」となります。

もう少し、冬場はとにかくエネルギーの放出も控え、
じっと眠りに徹するとき、春は眠りの習慣から覚める
ことが難しく、なかなか朝起きることが困難なとき。
そして、夏は眠りそのものが困難な時期。秋は夜長で、
秋の味覚同様に眠りをしっかりと味わえる一方、な
かなか眠りに就くことができないとき・・・といった
四季それぞれの「眠り」となりましょう。

よく眠ることが困難な夏、古より、夏の暮らしに適し
た工夫がされた家造りが匠たちの目指すところであっ
たようです。寝室にも湿気を避けた、爽やかさが求め
られました。
寝具の歴史にしても、寒さを防ぐのは二の次で、わが
国の寝具の起源は夏の時期でありました。

私ども菊屋で、ぼちぼちとご注文をいただいている蚊
帳も寝具の範疇となりますが、これは、江戸時代の遊
郭で使い始まった「綿わた」のふとんよりも、さらに
平安時代に始まった敷ふとんの起源である畳や褥(し
とね)よりも、もっと昔から、寝苦しい夏を克服する
ために出来上がった道具でありました。

蚊帳も稲作同様に、大陸からわが国に入ってきたもの
で、奈良時代に唐から渡って来たものです。
まだまだ高貴な方の眠りを守るための道具として、綿
や絹で出来ていました。

そんな蚊帳に目をつけた近江商人は高温多湿の日本の
風土に合わせて素材を綿や絹から吸湿発散性の良い麻
に代えたのであります。この麻の蚊帳は日本独自のも
のとして、代々、日本で受け継がれてきました。

吸湿発散性に富み、蚊帳の中の湿度を下げるとされた
麻の現実的な機能性とは別に、麻の摩訶不思議な力と
の相乗威力で、政略結婚に嫁がせる戦国大名のお姫様
もどうかかこの娘を守ってほしいと敵の大将にと嫁が
せる娘思いの親心で、「米にして二石、三石」の価値
のあるものだと権力の象徴にもなったのでありました。

物には価値と使用価値がありますが、わが国の蚊帳は
その両面を兼ね備えたものでありました。
蚊よけのモスキートネットと、ヒーリングネットとし
ての両面を兼ね備えていたとも言えましょう。
そして、この21世紀に蘇った蚊帳はヒーリングネット
としての色合いを濃くしたもので、逆に蚊帳の色もみ
どりやブルーから生成り色の薄いものになりました。

さて、寝苦しい夏眠をよりよいものにするための蚊帳
や寝具が出来たのですが、同時に昼の仮眠も有効な手
段です。30分以下の短い睡眠。コーヒーなどからカフ
ェインを飲んだあと仮眠をとること。仮眠から目覚め
たら明るい光を浴びること。午後3時以降には仮眠をと
らないこと。といった条件で夏眠を仮眠で補ってくだ
さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夏を制するものは、眠りを精する。眠りの達人は、人生
の達人とも言えるでしょう。
この夏、日本の古人の知恵から生まれた、麻の快適敷ふと
ん=褥(しとね)をお薦めします。
   → http://www.anmin.com/shitone/
こんな時代だから、眠りを大切にいたしましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界中の安眠・安心・平和を祈り、ご提案!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
菊屋おススメ枕
  → http://www.anmin.com/shop/A001-makura03.htm
菊屋おススメ敷ふとん
  → http://www.anmin.com/kikuya/kyamel2.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
虫を殺さずに身を守る道具であり、平和な心の象徴のよう
な「蚊帳」のひろがりが見られますが、地球温暖化現象の
進行から、マラリアや蚊やムカデの発生=被害も早まって
います。

備えあれば憂いなし。ご自身も、周りの方にも、安らかに
健やかにおやすみになれますように「どうぞ蚊帳の中へ」
と、お声掛をお願いします。 さあ、今年も蚊帳の中へ!
   → http://www.anmin.com/kaya/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「世界の平和と人類の幸せ」という大きな目標を掲げ、
みなさまの眠りの質の向上に寄与できますようにと、
「世界中にあんみん運動」の一環としてあんみんハン
カチを発売しました。

 → http://www.anmin.com/mararia/index.htm
     1枚=500円 (消費税・送料込)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■「どうぞ、蚊帳の中へ」館長・三島治のブログ
  → http://anmin.hamazo.tv/
■「今日の蚊帳の博物館」支配人・Hatのブログ
  → http://kayanohakubutukan.hamazo.tv/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お手すきのときにご覧いただければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 =========== 
  構造医学の三島治療院  → http://fukutai.hoops.ne.jp/ 
  =========== 
   新しい治療法・構造医学の三島治療院 (院長・三島茂=私の弟)
   住所 東京都世田谷区等々力5−3−8 アベニュー等々力2F 
   電話 03-3704-8691 【完全予約制】 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたは睡眠障害、大丈夫ですか?早期に発見。早期に改善を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アテネ不眠尺度】日本人の半数不眠 3割が潜在的不眠症!
  あなたは? → http://www.anmin.com/kikuya/atene1.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○このメールマガジンを書いている人=編集責任者は 三島 治です。
http://www.anmin.com/kikuya/watasi.htm

   ★ メールマガジン・バックナンバー(前回までを収録)
    http://www.anmin.com/kikuya/index-melmaga.htm

メールマガジンの登録解除ご希望の方は下記のURLでお願いします。
メール解除 <http://www.anmin.com/kikuya/mail-kaijo.htm>

=====================================
  あなたの眠りバージョンアップ
    三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
  〒438-0078
  静岡県磐田市ジュビロード(中町)243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 

===================