快眠情報 INDEX

安眠コムトップ 蚊帳の博物館

No.513 / 2008 / 6/2 NHKラジオ井戸端会議
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   あ な た に や さ し い 快 眠 情 報 <<VOL.513>>
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    (まぐまぐを通して 毎週明けに発行)

【まぐまぐ】公式メルマガで“質の高い”睡眠のとり方を担当
  → http://official.mag2.com/wmagbiz/2008/03/29.html
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

毎年、この時期になると蚊帳についてのお問合せをい
ただいております。
6月3日、NHKの全国番組「つながるラジオ」の4時台に
オンエアの「ラジオ井戸端会議」への出演依頼をお受
けしました。

ゲストに銭湯博士として有名な庶民文化研究家の町田
忍さんが招かれて、テーマである「見直される和の知恵」
についてあれこれ話される時に私どもの出番となります。

当日は娘の通っている高校のPTA副会長として静岡県大会
に出席している関係でイレギュラーな電話出演となりそう
ですが、現在に至るまでの蚊帳の文化について、お役に立
てればと思います。

昭和40年を境に蚊帳の使用は激減しました。
殺虫剤の強力化やアルミサッシを用いての密閉された家屋
建築やエアコンの普及などが原因です。
ところがその蚊帳を追いはらった殺虫剤やエアコンの使い
すぎが、身体によくないと気づき始めた人たちが、ポツン
ポツンと蚊帳を求めだしたのであります。

しかし、蚊帳は店頭からすっかりと姿を消してしまってい
ましたので、人々はインターネットを頼って蚊帳を求める
ようになりました。
蚊帳のことを英語で「モスキートネット」と言いますが、
まさに、ネットでネットが蘇ったと言うことになりましょう。

さて、この蚊帳ですが、元々、日本のものだったかというと
そうではありませんでした。
多くの日本の文化と同じように、奈良時代に大陸から渡って
きたものです。唐から奈良の都に渡ってきた蚊帳は綿や絹で
できていましたが、やがて、近江商人たちが、この高温多湿
な日本の風土に合わせて麻で仕立て上げ、日本独自の麻の蚊
帳が「和の知恵」として受け継がれていきました。

麻の吸湿性が、蚊帳の中の湿度を下げ、蚊帳の中に涼感を漂
わせたり、麻の持っている摩訶不思議な神秘的な力が外的か
ら身を守る、カミナリ様からも身を守るとされたような、
不思議な「和の知恵」となって受け継がれたのです。

とは言っても、一般庶民にとっては麻製の蚊帳は高価なもの
でありました。戦国時代には政略結婚で敵の大将に嫁がせる
娘を守ってほしいとの願いが「米にして二石、三石」とまで
言われ、権力の象徴としての位置づけもあったようです。

さて、「蚊帳の中」にはそんな「和の知恵」がいっぱいなの
ですが、多くの日本人は「蚊帳の外」になってしまったよう
ですね。
「蚊帳の外」しか知らない現代の日本人に「蚊帳の中」の
よさを知っていただこうと、インターネットのバーチャルの
世界だけでなく、現実に「蚊帳の博物館」を三年ほど前に
つくらせていただきました。

この21世紀に「和の知恵」を受け継ぎながら、再び蚊帳を
進化させようと試みています。
寝起きにしても、畳に布団と言った和の寝室形態からベッド
での生活が多くなるに従い、立ったまま入ることの出来る
「ベッド用の蚊帳」もつくっています。

蚊帳は縦糸と横糸で出来ていて、今までは、それをのりで
固めていたために洗うことが出来なかった蚊帳ですが、
カラミ織という技法を用いて麻100%で、しかも洗えるよう
な蚊帳に仕立てあげたりしてきました。

はた、また、殺虫剤が強力になれば、虫たちもまたより
たくましく進化して行きます。一方で人間は免疫力が低下し
ているようで、蚊に刺されるとなかなか腫れがひけなくなっ
ているようですし、蚊だけでなく最近は「ムカデ」の氾濫が
全国各地で起きていて、怖くて眠れない、助けて〜との声に
通常の5面体の蚊帳に底生地をつけた六面体のムカデ対策用の
ムカデ「はいらんと」や「ムカデント」といった蚊帳の生産
もするようになっています。

「虫を殺さずに身を守る」と言った人にも虫にも優しく
平和の象徴のような蚊帳です。

このように日本では心も癒してくれる蚊帳ですが、世界に目を
向けると、マラリアから命を守る大切な道具なんですね。
年間150万人もの子供がマラリアで命を落としている。それを
救うのに一番効果的だとされているのが蚊帳なんです。

マラリア撲滅のための援助物資としても「蚊帳」が動き出し
ています。
日本人の和の優しい心を思うを取り戻すためにも「どうぞ、
蚊帳の中へ」と呼びかけたいものです。

この夏はみんなで、どうぞ、蚊帳の中へ!
   → http://www.anmin.com/kaya/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
虫を殺さずに身を守る道具であり、平和な心の象徴のよう
な「蚊帳」のひろがりが見られますが、地球温暖化現象の
進行から、マラリアや蚊やムカデの発生=被害も早まって
います。
   → http://www.anmin.com/kaya/mukade/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
動物たちの一部では、エネルギーを蓄えるために冬眠
をして、冬を過ごすものもいます。
人が春になって、暁を覚えることが出来ずにいる春眠
は進化のなごりなのでしょうか。
そして、寝苦しい夏の夏眠。ここでは万物の霊長とし
ての生きる工夫をして、ぐっすりと眠れるような環境
をつくりましょう。

夏を制するものは、眠りを精する。眠りの達人は、人生
の達人とも言えるでしょう。
この夏、日本の古人の知恵から生まれた、麻の快適敷ふと
ん=褥(しとね)をお薦めします。
   → http://www.anmin.com/shitone/
こんな時代だから、眠りを大切にいたしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
菊屋おススメ枕
  → http://www.anmin.com/shop/A001-makura03.htm
菊屋おススメ敷ふとん
  → http://www.anmin.com/kikuya/kyamel2.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界中の安眠・安心・平和を祈り、ご提案!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「世界の平和と人類の幸せ」という大きな目標を掲げ、
みなさまの眠りの質の向上に寄与できますようにと、
「世界中にあんみん運動」の一環としてあんみんハン
カチを発売しました。

 → http://www.anmin.com/mararia/index.htm
     1枚=500円 (消費税・送料込)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■「どうぞ、蚊帳の中へ」館長・三島治のブログ
  → http://anmin.hamazo.tv/
■「今日の蚊帳の博物館」支配人・Hatのブログ
  → http://kayanohakubutukan.hamazo.tv/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お手すきのときにご覧いただければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 =========== 
  構造医学の三島治療院  → http://fukutai.hoops.ne.jp/ 
  =========== 
   新しい治療法・構造医学の三島治療院 (院長・三島茂=私の弟)
   住所 東京都世田谷区等々力5−3−8 アベニュー等々力2F 
   電話 03-3704-8691 【完全予約制】 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたは睡眠障害、大丈夫ですか?早期に発見。早期に改善を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アテネ不眠尺度】日本人の半数不眠 3割が潜在的不眠症!
  あなたは? → http://www.anmin.com/kikuya/atene1.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○このメールマガジンを書いている人=編集責任者は 三島 治です。
http://www.anmin.com/kikuya/watasi.htm

   ★ メールマガジン・バックナンバー(前回までを収録)
    http://www.anmin.com/kikuya/index-melmaga.htm

メールマガジンの登録解除ご希望の方は下記のURLでお願いします。
メール解除 <http://www.anmin.com/kikuya/mail-kaijo.htm>

=====================================
  あなたの眠りバージョンアップ
    三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
  〒438-0078
  静岡県磐田市ジュビロード(中町)243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 

===================