快眠情報 INDEX

安眠コムトップ 蚊帳の博物館

No.529 / 2008 / 9/22  源氏物語と蚊帳
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   あ な た に や さ し い 快 眠 情 報 <<VOL.529>>
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    (まぐまぐを通して 毎週明けに発行)

【まぐまぐ】公式メルマガで“質の高い”睡眠のとり方を担当
  → http://official.mag2.com/wmagbiz/2008/03/29.html
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年は、源氏物語の生誕1000年の年。
作者の紫式部が、宮中で様々な情景を四季・政治・文化・
恋を織り込み書き上げた傑作として世界にも広く認知さ
れているわが国文学の1000年目の大きな節目の年です。

源氏物語の世界と「蚊帳」にもきっと関係があるのだろ
うとの蚊帳の博物館でも、「源氏物語」の羽毛布団を飾
ってみました。→ http://www.anmin.com/rose/umou/

日本で、はじめて蚊帳についての記載があったのは日本
書紀の中、伝説の天皇である「応神天皇」が用いたとさ
れています。(応神天皇の次の天皇は仁徳天皇ですから、
あの有名な仁徳天皇陵がありますから真実味があります)

いずれにせよ、大和朝廷以前の物語で、占いや祈祷で国
を治めたと言われる邪馬台国の卑弥呼同様に、応神天皇
も蚊帳の中でいろいろと企てたようです。
単なる蚊避けの蚊帳(モスキートネット)でなく、祈りと
連動したプレイニング(祈り)ネットだったのかも知れま
せん。

さて、本格的に蚊帳が渡ってきたのは奈良時代になって
からといわれていますから、きっと、源氏物語の世界で
はかなり進んでいるのかと思っていました。

しかし、そうではなく蚊帳が現代のような形になったの
は室町時代の終わりくらいからのようです。

では、源氏物語の頃の蚊帳はどんなものだったのかしらと
調べていくと、蚊帳はあまり見当たらないのです。その代
わり御帳台(みちょうだい)というものが出てまいります。

源氏物語の時代=平安時代、貴族の一般的な住宅として知
られるのが「寝殿造」です。寝殿造は帝の宮殿を模して造
られたもので、屋敷は南を向けて建てられ、廊下で繋がれ
た数個の殿舎からなります。

その建物の床は板張りで、適当な場所に畳を置きました。
その畳のまわりを几帳や屏風で囲って、寝床にしたようで
すが、このとき、骨組みのある囲いが用いられました。
これが「御帳台(みちょうだい)」ですが、そこに、さまざ
まな布をたらして貴族たちは天蓋つきのベッドをつくりま
した。また、昼間は、畳の上に机なども置かれたようです。

この御帳台によって、板の間のフローリングの中に、もう
ひとつの小さな眠りの空間や考える空間がつくられたとも
言えそうです。
蚊避けではなく、眠りの空間としての御帳台、さらには 
癒しや、祈りにも通じるものであったのかも知れません。

紫式部もそんな御帳台の中に、机を持ち込んでは源氏物語
を練りに練って書き上げたこともあったでしょう。

そんな、こんな想像をめぐらせながら、蚊帳の博物館に
源氏物語の羽毛布団を飾ってみました。
  → http://www.anmin.com/rose/umou/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
眠りの改善 さあ、はじめましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.先ずは点である枕から
  → http://www.anmin.com/makura/index.htm 
2.次に敷寝具
  → http://www.anmin.com/kikuya/kosi3.htm
3.そして、掛寝具
  → http://www.anmin.com/umo/index.htm
4.さらに、安眠空間のスリーピングネットへ
  → http://www.anmin.com/kaya/ozone/index.htm
※東京の新宿オゾンに菊屋の蚊帳が飾ってあります。

安眠ドットコム菊屋はいつでも、どこでも、皆様の
安眠のお手伝いが出来れば幸せです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界中の安眠・安心・平和を祈り、ご提案!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「世界の平和と人類の幸せ」という大きな目標を掲げ、
みなさまの眠りの質の向上に寄与できますようにと、
「世界中にあんみん運動」の一環としてあんみんハン
カチを発売しました。

 → http://www.anmin.com/mararia/index.htm
     1枚=500円 (消費税・送料込)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■「どうぞ、蚊帳の中へ」館長・三島治のブログ
  → http://anmin.hamazo.tv/
■「今日の蚊帳の博物館」支配人・Hatのブログ
  → http://kayanohakubutukan.hamazo.tv/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お手すきのときにご覧いただければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 =========== 
  構造医学の三島治療院  → http://fukutai.hoops.ne.jp/ 
  =========== 
   新しい治療法・構造医学の三島治療院 (院長・三島茂=私の弟)
   住所 東京都世田谷区等々力5−3−8 アベニュー等々力2F 
   電話 03-3704-8691 【完全予約制】 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたは睡眠障害、大丈夫ですか?早期に発見。早期に改善を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アテネ不眠尺度】日本人の半数不眠 3割が潜在的不眠症!
  あなたは? → http://www.anmin.com/kikuya/atene1.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○このメールマガジンを書いている人=編集責任者は 三島 治です。
http://www.anmin.com/kikuya/watasi.htm

   ★ メールマガジン・バックナンバー(前回までを収録)
    http://www.anmin.com/kikuya/index-melmaga.htm

メールマガジンの登録解除ご希望の方は下記のURLでお願いします。
メール解除 <http://www.anmin.com/kikuya/mail-kaijo.htm>

=====================================
  あなたの眠りバージョンアップ
    三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
  〒438-0078
  静岡県磐田市ジュビロード(中町)243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 

===================