快眠情報 INDEX

安眠コムトップ 蚊帳の博物館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【あなたにやさしい快眠情報】
=========================
No.645 / 2010 / 12 / 20 短所が長所の眠りケア

2010年も押しせまってまいりました。私どもの店
でもこの時期、娘さんたちが里帰りするということ
で、お孫さんのふとんも併せて新調するなど、新年
を迎える準備が始まったように感じられます。

20年ほど前と比べると、いろいろ面でずいぶんと
楽になってきています。

眠りに関して寝具事情を見ても、私がこの業界に
就いた33年ほど前では、羽毛ふとんなどはなく、
せっせと綿ふとんの打直しを承っていました。

「敷いて三年、着て五年」と敷布団は3年に一度、
掛布団は5年に一度といった割合で、打直しを奨
励していました。

新年を迎えるには新しい布団でと、紅白歌合戦が
始まるころまで、布団の配達に追われていたもの
でした。

そんなわけで12月は本当に忙しい月でありました。
商売人らしく申せば「古き良き時代」と言えましょう。

ところがここ数年は、この新年を迎えると言う
けじめが無くなってきたように思えるのです。

壊れにくくなくなったとか、長持ちするように
なったとか、手入れの必要が無くなったとか、
そのような寝具に代わってきました。

手入れをすることが物を大切にすることで、
寝具に関しては、眠りを大切にすることに
つながるものだと思います。

寝具としてのモノの耐久性が向上するのと
比例して、眠りへの取り組みがおろそかに
なってきているように思うのです。

寝具は心具(しんぐ)と先代から受け継い
で参りしたが、心を正して朝を迎えるように
眠りを大切に、寝具のケアもしっかりと
したいと思います。

日に干す必要はありません。との便利さが
売りの羽毛布団は実は、日に干すとダメに
なってしまうのです。

しっかり日に干せたり、お洗濯ができるよ
うな自分でお手入れができるような寝具が
良いと思います。

これからの世の中、ますます眠りを大切に
していく時代になってくると思います。

そのような時代、寝具のケアは大切な行為
となりましょう。使い捨てにする寝具は良
くないはずです。

眠りを大切にすることは、寝具を大切にす
ることだと、唱えながら、これからも
「ねいるケアあんみん運動」を展開して参
りたいと思います。

http://www.anmin.com/neiru-care/

ご賛同いただければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たち菊屋は、よりよい眠りのための寝姿勢を
保つ点である枕からはじまり、面である敷寝具、
そして、快適な寝床内をつくる掛ふとん、さら
には安眠空間としての蚊帳(=スリーピング
ネット)の提供と、
お求めいただいた商品の各種メンテナンスを通し、
健康で快適な眠りの伝道師として、末永く、
お客様の眠りの改善・修復のお役に立てる存在を
目指しています。

--------------------------------------------
【お知らせ】
ツイッターをはじめました。よろしかったら、
私をフォローしてもらえないでしょうか。

三島治のツイッター
→ http://twitter.com/anmin_com

=====================================
  あなたの眠りバージョンアップ
    三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
  〒438-0078
  静岡県磐田市ジュビロード(中町)243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 
======================================