快眠情報 INDEX

安眠コムトップ 蚊帳の博物館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
週刊メルマガ 【あなたにやさしい快眠情報】 

 ※毎週発行し続けて659号目のメルマガです。 ただ今、節電実施中 暗くてすみません

節電ポスター 節電店内

店内、天井の蛍光灯を50%を減らし強制節電体制」をしきました。
残した蛍光灯はピカピカに磨きましたが・・・・・照明、空調など、電力設備を一部制限中でご迷惑をおかけします。 被災者の方々へのご支援・ご協力に感謝の意を申し上げます。

今年の夏は、被災地はもとより、全国的に節電が大きな課題になりそうです。

そこで、例えば、エアコンの使用を減らし、代わりに、麻の蚊帳の需要が高まりそうです。

お役に立てるよう頑張りますが、菊屋の蚊帳は 一張り、一張り手作りのため、
間に合わないようになることも予想されます。

お早めにご注文いただけると助かります。

==========================
今回のテーマは
 今年の夏は節電の夏 

節電と蚊帳のホットな関係
  2011 / 3 / 28 発行
==========================

3月11日の震災で、
私たちは大きな悲しみと苦しみを味わいながら、
自然を前にした時の人間の弱さ、はかなさを

「人盛んなりて、天に勝ち

      天定まりて 人に勝つ」 

という理を、強く思い知らされると同時に、

そんな人間同士がお互いを思いやる気持ちの大切さ、
日本人の素晴らしさ、
国内はもとより海外からも多くの方々のさまざまの形での
支援のありがたさに感動させられました。

復興には今後も長い年月がかかると思いますが

ここを機に、どのように生きていけばいいのか?

今、そして、これから、どのような行動をとるべきなのか?

と再び自分に 問うてみました。

考えているばかりでダメだと、自分にも言い聞かせ、ふとん屋ならではと
先週(3月20日)は、多くの方々のご協力をいただき、被災地に毛布を送りました。

義援活動  毛布の発送
  平成23年3月20日 磐田市ジュビロードの菊屋店頭での義援の呼びかけと 送った毛布

ところが・・・・・・・昨日、復興活動をされ、現地で毛布の荷受けをしていただいた
松沢さんに電話をしてみると、

「毛布などの義援物資は、もう十分すぎるほどの量が届けられている」
「ボランティアセンターは援助物資の山で、配布しきれない状況」

とのことでした。

昨日まで必要だったモノが、不要なモノになる。
今のモノ余り社会の縮図をここに観ているようです。

モノを超えた、ものの提供でなければ相手は喜んで
くれない。こちらも役に立っていない存在になってしまうのです。

ならば、こんな状況で、次のステップは何か?
お役立て出来ることはどんなモノやコトであろうか?

その答えの一つが「節電の協力」だと思いました。

もとより心がけて参ろうとしていましたが、昨日(3月27日)
店内天井の蛍光灯の50%を減らし

強制節電体制をしきました。

さらに今後の課題として 夏場の睡眠環境の改善です

■睡眠環境の見直し
  地球と共に「共生〜共眠」の 視点から、
  古人の知恵を生かした 夏の睡眠環境づくりとして

蚊帳の提案 を力強くしていく方針です。

========================
 「なぜ蚊帳か?」  節電と蚊帳の関係について
========================

もともと、蚊避けの、虫除けとして大陸から渡って来た蚊帳を
高温多湿な日本の気候に合わせて麻製の日本独自の蚊帳
近江商人たちは仕上げました。

古人の知恵とも言えましょう。

風鈴の音を聞いて「涼しげな音だ」と日本人のDNA が反応するように、
麻の蚊帳の中は涼感が漂い体感温度が下がります。

その古人の知恵である麻の蚊帳を、お洗濯も可能にした
カラミ織の菊屋オリジナルの蚊帳

静岡大学での居住性の実験でも良い成果が出され
蚊帳試験


    2009年には外務省が7ヶ国語で世界に発信しています。

     蚊帳の動画   動画

      動画 蚊帳で安眠by外務省が制作したビデオ

 ・・・・・・けれども、多くに日本人は蚊帳のことを知りません。

 先ずは
  蚊帳のことを知ってもらうために 
 三島おさむ著 「どうぞ、蚊帳の中へ」を
 e-Book化

 収益の一部を義援金にしようと決意しました。


  蚊帳の本 e-Book化

        どうぞ蚊帳の中へ

多くの蚊帳の体験者から、エアコンを減らし
暑い夏を乗り越えたと言う、話もたくさん盛り込まれている
どうぞ、蚊帳の中へ」(本の風景社) 三島おさむ著

かつて家族は一つ蚊帳の中

古人の知恵 日本ならではの麻の蚊帳

蚊帳

 蚊帳を思い出してください。

      どうぞ!
     蚊帳の中へ

=====================
  蚊帳の中の睡眠環境としては

==========================

2011年節電の夏
夏の睡眠環境づくりのページ

■蚊帳の中の睡眠環境づくり
 
頭寒足熱の麻の枕ねいるケアあんみん枕の提案

ねいるケアあんみん枕
蚊帳生地を用いた頭寒足熱の枕


古人の知恵 麻の敷パッド

麻パッド褥
麻パッド褥 菊屋の20年来のおススメ商品



近江の麻シーツ

本麻シーツ



麻の敷ふとん、麻シーツ、キャメルの敷ふとん、
ダウンケットなど自然素材の商品を力強く提案して
参る所存です。

我々は、眠るのではなく、眠らされている存在。

「共生〜共眠」の視点に立ち、
この震災を機に「生き方」を、石油や石炭といった
地球システムに重大な影響を与える資源に依存する
「ストック依存型」から、

地球システムが自然につくりだす物質やエネルギーの
循環に依存する「フロー依存型」の生き方に変えて
いく必要があるとおもいます。

私たち菊屋は、蚊帳や自然素材の寝具の提案を通し
て人類のあるべき姿を見つめながら、歩んで参る
所存です。

どうぞ、
これからも末長くよろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

眠りの善し悪しが 人生のバロメーター
〜 寝ても覚めても Be Happy を目指し 〜
   眠りを大切にした生き方
「ねいるケアあんみん運動」のススメ

http://www.anmin.com/neiru-care/report/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たち菊屋は、よりよい眠りのための寝姿勢を
保つ点である枕からはじまり、面である敷寝具、
そして、快適な寝床内をつくる掛ふとん、さら
には安眠空間としての蚊帳(=スリーピング
ネット)の提供と、

お求めいただいた商品の各種メンテナンスを通し、
健康で快適な眠りの伝道師として、末永く、
お客様の眠りの改善・修復のお役に立てる存在を
目指しています。

--------------------------------------------
【お知らせ】
ツイッターをはじめました。よろしかったら、
私をフォローしてもらえないでしょうか。

三島治のツイッター
→ http://twitter.com/anmin_com

=====================================
  あなたの眠りバージョンアップ
    三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
  〒438-0078
  静岡県磐田市ジュビロード(中町)243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 
======================================