快眠情報 INDEX

安眠コムトップ 蚊帳の博物館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
週刊メルマガ 【あなたにやさしい快眠情報】 

 ※毎週発行し続けて662号目のメルマガです。 

==========================

今回のテーマは
おとみん 全国展開へ  2011 / 4 / 18 発行
==========================

みなさんが「安心して安眠できるように」を
テーマい取り組んだ、音と眠りの3D展開の
「おとみん」が間もなく全国デビューとなります。

おとみん

先陣として地元静岡新聞の記事をご紹介します。

http://www.at-s.com/news/detail/100016968.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

磐田市中泉の寝具店経営三島治さんが、 内蔵する
超薄型スピーカーから癒やしの音楽を流すことで
安眠を実現する枕「おとみん」を発表した。

一昨年製作した枕に浜松市のスピーカー開発会社と
米国在 住のネイチャーサウンド編集者の技術を
結集して、音の力で眠りの世界へいざなう。

三島さんは「眠れない日々が続くと精神状態を
悪化させ、やがて健康を損なう。不眠症に悩む
現代人に届けたい商品」と強調する。

「おとみん」は三島さん製作の安眠枕 の中に、
浜松市中区のライト・イア(大和誠代表)が
開発した薄型スピーカーを入れ込み、
不眠症患者にも処方されるジョー奥田さん編集の
ネイチャーサウンド を流す仕組み。

頭を枕に付けると、流れてくる音に包み込まれる
ような感覚になり、「何かに守られる安心感を
生じさせ、安眠が実現できる」(三島さん)とい う。

睡眠改善インストラクターの資格を持つ三島さんは
これまで「眠りの大切さ」を訴えて、独自の蚊帳や
枕を開発してきた。

インターネットでも積極的に情報発信している。

そうした中で三島さんの活動に接した2人の協力が
実現し、新商品につながった。

今月に入って島根県内の宿泊施設で新商品を採用する
動きが出ているという。
三島さんは「心に安らぎを与える意味では効果のある
商品。

少しでも多くの眠りに困る人に届けたい。
まずは商品に触れてみてほしい」としている。

おとみん → http://www.anmin.com/otomin/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



こんな時だからこそ 「どうぞ、蚊帳の中へ」
e-Book版の販売を させていただきます。


義援活動

 → http://www.anmin.com/kaya/hon1/e-book/

本の売り上げの一部は、日本赤十字社を
通して、義援金とさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の夏は、被災地はもとより、
全国的に電力不足が予想されます。

そしてエアコン代わりに、麻の蚊帳の
需要が高まりそうです。

菊屋では、お役に立てるよう頑張りますが、
一張り、一張り手作りのため、
間に合わないようになることも予想されます。

お早めにご注文いただけると助かります。

→ http://www.anmin.com/kaya

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

眠りの善し悪しが 人生のバロメーター
〜 寝ても覚めても Be Happy を目指し 〜
   眠りを大切にした生き方
「ねいるケアあんみん運動」のススメ

http://www.anmin.com/neiru-care/report/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たち菊屋は、よりよい眠りのための寝姿勢を
保つ点である枕からはじまり、面である敷寝具、
そして、快適な寝床内をつくる掛ふとん、さら
には安眠空間としての蚊帳(=スリーピング
ネット)の提供と、

お求めいただいた商品の各種メンテナンスを通し、
健康で快適な眠りの伝道師として、末永く、
お客様の眠りの改善・修復のお役に立てる存在を
目指しています。

--------------------------------------------
【お知らせ】
ツイッターをはじめました。よろしかったら、
私をフォローしてもらえないでしょうか。

三島治のツイッター
→ http://twitter.com/anmin_com

=====================================
  あなたの眠りバージョンアップ
    三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
  〒438-0078
  静岡県磐田市ジュビロード(中町)243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 
======================================