快眠情報 INDEX

安眠コムトップ 蚊帳の博物館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
週刊メルマガ 【あなたにやさしい快眠情報】 

 ※毎週発行し続けてちょうど700号目のメルマガです。 

700号のメルマガ

==========================

今回のテーマは
祝・700号記念 感謝とお礼  2012 / 2 / 13 発行

==========================

感謝の700号!ありがとうございます!

1998年7/7の創刊から、毎週発行し続け700号!
記念セールも実施
 → http://bit.ly/yPCx1l

それにしても、いろいろなことがありましたね。

メルマガのタイトルをみると世の中の変化が思いだされます。
懐かしさも湧いてきます。
http://www.anmin.com/kaimin-j/

毎週、毎週、眠りを大切に!と呼び掛けているうちに
世の中も「睡眠の日」が制定されるまでになりました。

快眠情報の通算700号と3/18「睡眠の日」に向けて、
ちょっとした物語があります。

今年、新年早々、朝日新聞の記者で論説委員でもある
六郷孝也氏が一枚の写真を手に取材に朝日新聞本社から
はるばる磐田の菊屋におみえになりました。

蚊帳の天日干し

その写真というのは上の写真で、1963年(昭和38年)
滋賀県 長浜市での麻蚊帳天日干しの写真。

古めかしい、蚊帳づくりが盛んだった頃の
めったに見ることのできない光景の写真です。

そのことが「安眠の担い手 近江から遠江へ

朝日新聞

として1月25日の朝刊に紹介され、同時に朝日新聞
の論説「窓」(1/21)にも「見直される蚊帳」と して掲載されました。

この新聞記事は、菊屋=「安眠の担い手」として取り上げられたのであり、
このメルマガ「あなたにやさしい快眠情報」が
みなさまの 「安眠の担い手」を目指しての取り組みであった
のです から、たいへん 嬉しく記事を読ませてもらいました。

朝日新聞の取材の後、しばらくして
東京都の文化財団法人である世田谷文化生活情報センター
生活工房さんから企画協力の依頼をいただきました。

昨年、国際的な「ワールド・スリープ・デー」(3/18)に
日本独自の9月3日を加えて年2回の「睡眠の日」が制定されたようです。

「良質の睡眠は子供の心身の成長に重要であり、
生活習慣病を予防し、高齢者の生活の質を高める」

として「眠りを大切にする」国民運動の展開を促すものであります。

そこに「安眠の担い手」として3月2〜18日開催の
I'm so sleepy どうにも眠くなる展覧会

どうにも眠くなる展覧会


に菊屋が呼ばれたのもメルマガ700号の積み重ねが実ったことと嬉しく思います。

一方、3月は国を挙げての自殺対策強化月間であり、
平成18年の静岡県富士市を始まりとして、
国も平成22年から、2週間以上不眠が続いたら精神科の早期受診を呼びかける
「睡眠キャンペーン」が全国的に実施している時期でもあります。

睡眠キャンペーン

この「睡眠キャンペーン」について、
昨年までは大変いいことだと賛同して、
店頭にもポスターを貼ってアピールしていましたが、

この内閣府だけでも毎年100億円以上投じて行っている
自殺防止キャンペーンに連動したこの運動の効果について
問題指摘されていのです。

この鬱の兆候である不眠の症状に対して精神科の
早期受診を勧めてきた

静岡県では自殺者は19年の804人に対して
22年は854人と、逆に増加しているのです。

確かに眠れない原因、自殺の原因について、
人それぞれが抱えている問題や悩みは異なります。

その一つ一つを具体的に解決できるように支援していくべきです。

精神科医が借金の問題解決を薬の処方で出来るはずはないのであります。
何でも医師と薬に任せるのは間違っています。

メルマガを発行し続けているうちに、さまざまなネットワークが
出来てきたのですが、その一つ、
民間主体で発足した自殺防止国民運動本部では
「鬱病などの薬では悩みの原因は取り除けない」と、
人と人との結びつきと具体的な支援で自殺を防ごうと
映画「大震災の超克・生命の輝き」を製作、配布を始めた。

大震災の超克・生命の輝き

私の元にも一枚そのDVDがありますので
早速、関係各方面で上映会を広めようと思います。

これもメルマガ700号の新たな一歩です。

これからは、先ず「睡眠の日」へ向け 菊屋の地域社会での取り組み
「眠りを大切にして5つの効果を!」と呼び掛けながら、
700号の歴史の上に、新たな一歩を積み重ねて行く決意です

【1】良い睡眠で、生活習慣病の予防 
【2】良い睡眠で、いきいき元気なお年寄り 
【3】良い睡眠で、成績アップとやさしい心に!
【4】良い睡眠で、経営改善に挑戦を 
【5】良い睡眠で、不安とウツの解消 明るい毎日を

と 睡眠の啓蒙活動=ねいるケアあんみん運動を続けて参ります。

睡眠診断 ならびに 睡眠チェックシートによる

睡眠診断  睡眠チェックシート

睡眠アドバイス 適切な枕〜寝具のご提案を続け

さらに近江から遠江に移行した「安眠の担い手」として
蚊帳の製造販売については全国展開をする。

3月の「睡眠の日」に向けアパタイト被覆二酸化チタンを
施した「花粉対策の蚊帳」の製造販売を開始。

花粉対策の蚊帳

 ※中京大学・情報理工学部の野浪亨教授の指導で
   出来上がった花粉を吸着・分解する画期的な蚊帳

5月〜8月の蚊帳の需要期 麻の蚊帳の製造・販売
   被災地に蚊帳を贈る運動を継続

9月の「睡眠の日」にはぬくもりの蚊帳としてシルクで
覆われた安心・安眠空間を発表する予定。

そして、今、足もとでは

メルマガ700号記念セールを実施

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご覧ください。<特典付き>

「あんみん枕」お買い上げの方
  → 専用の本麻枕カバー進呈

キャメル敷ふとんお買い上げの方
  → キャメル用カバー進呈

その他、お買い上げの方
  送料・代引き手数料無料

あったかブランケットプレゼント

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

眠ろうともがけばもがくほど、眠りは遠のいてしまう。
「人は眠るのではなく 眠らされている存在」です。

サーカディアンリズムを整え眠りを大切に
「共生〜共眠」に根ざした、今夜からぐっすり眠れる
無料レポート「リズム睡眠法」をまとめてみました。

■このサービスはこちら → http://bit.ly/qW4Wdx


リズム睡眠法

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたの安眠を、みんなの安眠に 被災地に蚊帳を!

みなさんの想いを合わせて
復興祈願。復興支援。人類みな兄弟。
蚊帳の外から「どうぞ蚊帳の中へ!」

復興支援蚊帳 復興祈願蚊帳 を用意しました。

かなえ接骨院

復興支援の蚊帳

こちらで手配して送付した蚊帳は親子3人が入れる 180×200cmのものです。

気仙沼に贈った蚊帳

復興祈願の蚊帳はこちら

復興祈願蚊帳

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宇宙の出来上がりから、地球上の生命や人類の歴史
まで学ぶことができる奥出雲多根自然博物館で
サムシンググレイトに抱かれて、共生〜共眠を体験
してみてはいかがでしょうか。http://tanemuseum.jp/


億出雲多根自然博物館
 奥出雲多根自然博物館

こちらで「リズム睡眠法」の物質的な基盤である
「おとみん」が体験できるようになっています。

宇宙の出来上がりから、地球上の生命や人類の歴史
まで学ぶことができる奥出雲多根自然博物館で
サムシンググレイトに抱かれて、共生〜共眠を体験
してみてはいかがでしょうか。

http://tanemuseum.jp/hotel/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月11日の大震災を境にして、変わらざるを得ない
私たちの考え方、生き方の中で、本来あるべき
「眠り方」について「共生〜共眠」の視点から
「リズム睡眠法のススメ」としてまとめてみました
のでこちらを披露する予定です。

※<今夜からぐっすり眠れる「リズム睡眠法」>は
今回無料でダウンロードできるようになっています。

→ http://www.anmin.com/rizumu/index.htm

--------------------------------------------
【お知らせ】
ツイッターをはじめました。よろしかったら、
私をフォローしてもらえないでしょうか。

三島治のツイッター
→ http://twitter.com/anmin_com

=====================================
  あなたの眠りバージョンアップ
    三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
  〒438-0078
  静岡県磐田市ジュビロード(中町)243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 
======================================