快眠情報 INDEX

安眠コムトップ 蚊帳の博物館

No.924 / 2016 / 6 / 27

イギリスが蚊帳の外に

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   あ な た に や さ し い 快 眠 情 報 <<VOL.924>> 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(since 1998 毎週月曜日に発行)

 【目標】 眠りの自然体を習得することによって
    セレンディピティ・能力開発・世界平和と人類の幸福の実現を

  私どもanmin.com 菊屋は【講座】「クスリに頼らない安眠術」を
   旋回基軸に、世界の平和を祈念し、皆が安心・安眠できるように
   安眠提供企業を目指します。
   ―−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  「つなげよう、世界中にあんみんの環」 http://www.anmin.com

   フェイスブック New http://www.facebook.com/osamu.mishima
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

先週、イギリスがEU離脱を決めてしまいました。

欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体からの
離脱ということになりました。

EUはもともと、第2次大戦後、欧州内で2度と大きな戦争が
起きないようにと言う思いから生まれた共同体で
はじめは経済が主体だったが、欧州連合(EU)と言う形に
なってからは政治統合の道を進んでいきました。

経済の自由化の元となったECにイギリスは1973年に加盟し
9か国の蚊帳を吊ったのが、現在では28か国、5億人の
大きな蚊帳になっています。

この蚊帳の中が、どうも住み心地がよくないということで
国民投票が行われ、蚊帳の外に出る決議がされたという
ことのようです。

さてこの蚊帳はどんな意味の蚊帳だったのでしょうか?

二度と戦争を起こしてはいけない、みんな仲良く蚊帳の中。

という、蚊帳でありました。

さらに、相手を殺さずに身を守る「蚊帳」のですが、
そこには、NATO的なものもあったのでしょう。

NATOはもともと、冷戦時のソ連を意識して結成されたもので、
軍事力の突出したアメリカ軍が主導する態様は日米安保条約と
共通しています。

しかし、NATO軍としての統一軍事行動はとれるものの、
参加のしかたについては、それぞれの国の主権が尊重されるため
2国間条約である日米同盟とは様相を異にしています。

EUの加盟国とNATOの加盟国

この二つは多少ずれています。
イギリスはNATOには加盟していますが、EUの蚊帳を嫌った
ということになりました。

平和の象徴。みんな仲良く蚊帳の中。

そして蚊帳の中での格差や移民の問題。

いろいろと、「蚊帳」の役割を考えさせられました。

そんな中

先週発売の小学館・女性セブン7/7号

シリーズ「高値の華」で、テーマは「蚊帳」でした。

織り方にこだわり、進化した日本の夏の風物詩として、
「菊屋 菊紋和蚊帳」(きくもんなごみかや)が掲載されています。

<本文>
蚊に刺されないようにするため、寝具などを覆う道具として、
昭和40年代くらいまでは、多くの一般家庭で使われていた蚊帳。

時代は進み、衛生環境の向上や蚊用の虫除け・殺虫剤などの
進化もあり、ほとんど使われなくなっていたものの、
「殺虫剤やエアコンが苦手」「自然な環境でぐっすり眠りたい」
という声も多かった。

そんな声に応えて、現代生活にマッチした蚊帳を開発したのが
静岡県磐田市の「菊屋」だ。社長の三島治さん・・・と続いてます。

小学館の「女性セブン」は書店・コンビニでも発売中です。

ご覧ください。

  → http://www.anmin.com/kaya

蚊帳の循環

※ 平成28年熊本地震 蚊帳の緊急募金 ご協力をお願いします!

   → http://anmin-com.shop-pro.jp/?mode=f31


赤紙の家
赤紙が貼られた西原村の80代のご夫婦の家
  山岡さんがケアされている

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  被災地・西原村から蚊帳のSOS
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

震災から10日。
皆様からの熱いご支援が
原動力になっております!
ありがとうございます!!

こちら西原村は 朝晩は冷えますが
日中は気温も高くなり
村名物の蚊とハエが増殖しています。

昨夜は余震で眠れないのでなく
蚊との戦いで眠れず( ̄◇ ̄;)
四男は顔中刺されてしまいました。

そこでお願いがあります!!

どこかのご家庭で眠っている蚊帳は
ありませんでしょうか?
もしお持ちであれば譲っていだだけると
大変助かります!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

よろしくお願い申し上げます。

あんみんコム菊屋では、みなさまが安心して安眠できますうようにと、
新たな可能性=セレンディピティ力を生み出す「安心・安眠環境」の
ご提案をします。

1.先ずは点である枕から
→ http://www.anmin.com/makura/index.htm 
2.次に敷寝具
→ http://www.anmin.com/kikuya/kosi3.htm
3.そして、掛寝具
→ http://www.anmin.com/umo/index.htm
4.そしてみんな仲良く和の蚊帳の中へ
→ http://www.anmin.com/kaya/

世界が平和で、皆が安眠できますように!とミッションを自覚し
安眠を目指して、働かせていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

あんみんコム19周年

菊屋のホームページの歴史。お手すきの時のご覧ください。
  → http://www.anmin.com/10nen/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【講座】「クスリに頼らない安眠術」を改修しWeb上に掲載し
ましたので、お手すきの時にご覧ください。

 → http://anmin-com.shop-pro.jp/?mode=f20

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたにピッタリの「枕つくりのワークショップ」ご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

受講料は無料です。

誰にも合う「枕」なんて ありません!
未来永劫に大丈夫な「枕」なんて ありません!
「枕」を選び、手を加えて、貴方の「枕」にしてあげてください。 

およそ1時間30分のワークショップで、自分にはどのような枕が
合うのか?枕の各部分をどのように手を加えていけばいいのか?

など、枕の疑問化解けて、自分の枕が出来るようになります。

どうぞ、ご参加ください。
  詳細・お申込みはこちら
  → http://www.anmin.com/makura/neil-care/kouza/index.htm

枕のパーツ

安眠術

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  │* ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓* │
_人_┃     睡眠改善のためのロハスな枕     ┃_人_
  Y ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ Y 
  │  ストレスの解消 肩こり・腰痛の軽減に    │

          【【【ねいるケア安眠枕】】】     
        http://www.anmin.com/makura/neil-care/

  \:/      誰でも使える安心品質!       \:/ 
  …★… お父様・お母様は勿論、お子様やお年寄りの方も …★…
  /:\ 安心してぐっすり快眠して頂けます!      /:\

●━━ご 愛 用 者 様 の お 声 も 続 々 !━━●
   http://www.anmin.com/makura/neil-care/koe1.htm

■開発者紹介
  http://www.anmin.com/makura/neil-care/kaihatu-sya.htm


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「睡眠の日」へ向け 菊屋の地域社会での取り組み
「眠りを大切にして5つの効果を!」と呼び掛けながら、
新たな一歩を積み重ねて行く決意です。

【1】良い睡眠で、生活習慣病の予防 
【2】良い睡眠で、いきいき元気なお年寄り 
【3】良い睡眠で、成績アップとやさしい心に!
【4】良い睡眠で、経営改善に挑戦を 
【5】良い睡眠で、不安とウツの解消 明るい毎日を

と 睡眠の啓蒙活動=ねいるケアあんみん運動を続けて参ります。

睡眠診断 ならびに 睡眠チェックシートによる

--------------------------------------------
【お知らせ】
ツイッターをはじめました。よろしかったら、
私をフォローしてもらえないでしょうか。

三島治のツイッター
→ http://twitter.com/anmin_com

=====================================
あなたの眠りバージョンアップ
三島 治@(有)菊屋
http://www.anmin.com/kikuya/
〒438-0078
静岡県磐田市ジュビロード(中町)243
Tel 0538-35-1666 Fax 0538-35-1735 
======================================