お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

No.995 千里の道も一歩より 

2017年11月06日

11月になり今年もあと2月というところまで来ました。

毎週お付き合いいただいている週刊メルマガもまもなく
1000号になります。良く続いていますね。ありがとうございます。

ここを一つの区切りとして一冊にまとめてみようと思って
出版準備の悪戦苦闘をしています。なかなか難しいです。

なんでもそうですが、役に立ってこそ初めて生かされると
思っています。

こちらのご提案する、取り扱っている眠りの道具、ふとんでも
枕でも、蚊帳でも、役に立ちそうだなあと思っていただいて
お買い上げいただく、それで私は生かされているのです。

もしお求めいただいたものが、あまり役に立つものでなければ
もう二度とお求めにならないでしょう。

お求めいただく前にも、お使いいただいた後でも、これは
いいものだと、役に立ったらこちらは持続可能となります。

父が40年前に他界してからも、田舎町の商店街でお店を
開かせていただいております。

仲間のお店は、次から次へと、店を閉めていっています。

やっていけなくなるのも、役に立たなくなったからです。

もちろんみんな一生懸命に努力しているのですが、私たちの
努力を上回る大型店などの品ぞろえや、価格が安いこと、
買いやすさが、相対的に評価されてしまったのです。

こうして、一軒、また一軒と商店街はシャッターを閉める
店が増えていくのです。

悲しいです。

テーマは役に立つように、奮起しなければならないのです。

お話をさせていただく機会があれば、私どもが長年培ってきた
商品やサービスの良さはご理解いただけるのですが、なかなか
それを伝えることができないのも、役に立つことができない
理由です。

ああなるほど、菊屋のモノの考え方や、そのようにモノ
づくりをして、そんな商品選択をしているのだなあと
ご理解していただくことも、私たちが生きていく上で
必須条件です。

巨額なお金を掛けた宣伝・広告はできません。

亀のようにゆっくりですが、これまで支えていただいた
ことに感謝しながら、みなさまが健康で快適な眠りを
このようにしたらでき、それによって、みなさまの
人生がより豊かになるということを分かっていただける
一冊をと、とりかかっています。

お店を引き継いで40年になります。

社会情勢も目まぐるしく変化しています、その中で
いろいろと紆余曲折もありましたが、それでも
皆様のおかげでなんとか継続させていただいております。

そして、週刊メルマガ発行1000号をひとつのメルクマール
としてこれからはよりパワフルにお役に立て入るよう
頑張っていく所存です。

千里の道も一歩より
亀のくせに休んではダメと戒めながら。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

アーシングシング一覧

 

PAGE TOP