お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

No.2008 蚊帳の中の睡眠革命

2018年02月13日

2月の寒さ、3月の年度替わりで、なかなか眠れない人が増えそうな季節。

菊屋では「蚊帳の中の睡眠革命」をご提案します。

「この時期に、蚊帳?」と思われる方も大勢いらっしゃるのですが
そうです。「今こそ蚊帳!」なんです。

温もり、守られているという安心感が漂う「蚊帳の中」がいいのです。

癒しの蚊帳

ただ「蚊帳」と言っても、いろいろな種類の蚊帳がありますが、

この「鎮魂」のための蚊帳といえば、大麻(おおあさ)・ヘンプの蚊帳
となります。

大麻=たいま=マリファナと連想されますが、戦後GHQの占領政策前
までは、日本人とたいへん馴染み深い植物でした。

大麻(おおあさ)は天皇家の元である天照大神の化身でもあったため、
日本人の精神的な骨格の一部ともなっていました。伊勢神宮のお札も
「神宮大麻」です。

ご神事でも広く活用され、穢れを祓ったり神の領域をつくる注連縄
(しめなわ)も大麻でできてます。

この大麻・ヘンプの帳(とばり)で、鎮魂の聖なる安眠空間が構築され
るのです。

このような精神的なものだけでなく、地球環境にも役に立つ植物であり、
また大麻の持っている吸湿・発散性、さらに抗菌性や紫外線カットの
チカラで蚊帳の中は、爽やかで清々しい空間になり、格好の安眠空間を
つくります。

もちろん、大麻(ヘンプ)を空間づくりとして用いるだけでなく、
シーツやケットそして、枕カバーとしてもこの素材を使えば、より
良い眠りを得られることは確かです。

次に、蚊帳の中の睡眠環境整備についてもご提案させていただきます。

睡眠環境にとって大切な三つの条件とは、正しい寝姿勢と、湿度50%、
温度33℃の寝床内気候を整えることです。

菊屋では、そのための敷寝具掛寝具をご案内いたします。

さらに、大地と繋がる「アーシング」を用いた睡眠改善です。

ここにも、タテ糸にオーガニックコットンを、ヨコ糸に大麻・ヘンプを
用いた寝ながらにして、地球とつながる「アーシング」ができる

アーシングシーツ、ケット、枕カバーをご提案いたしております。

日中、私たちはいろいろな努力をして、現実の課題に取り組むことが
できます。

さまざまな「クスリに頼らない安眠術」も使うことができます。

しかし、眠っている間、私たちは「まな板の鯉」でありますから、
まな板の状況をより良いものにして、睡眠革命に挑戦しましょう。

このように菊屋は

【講座】「クスリに頼らない安眠術」を基軸に

蚊帳、安眠枕、大麻(ヘンプ)、アーシング、等の経営資源を活かして

安眠提供企業として「蚊帳の中の睡眠革命」を推進して参ります。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP