お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

No.1017 安眠の神さまと一体に

2018年04月23日

新年度が始まりまり真新しい制服の新入生や、研修を終えたばかりの
新社会人の姿が目に飛び込んで、こちらも新鮮な気持ちで仕事に
取り組んでいこうという気持ちになってきます。

私自身もつい先日、卒業式を終えて社会人になったと思っていたら
あっという間に40年が経過していました。

浦島太郎で「少年老い易く学成り難し」を思い知らされています。

けれども先代の父亡き後、40年間もの間、こうして事業を継続できた
ことは、皆様方のご厚情と、両親やご先祖様に見守られたこと
そして神様のご加護の賜物だと思うのです。

これから先は、安眠の神様と一体になってみなさまに安眠のご提供が
できるように、新たな気持ちで取り組んでまいりたいと思います。

さて、安眠の神様ですが、近くに神社周りを趣味にしている友人から

大阪府泉佐野市にある【日根神社】のことを聞きました。

夫婦で神様が祭られていることからもともとは「子宝」や「安産」の
御利益があるといわれていた神社。

村の娘たちが「立派な子供が授かりますように」と願いを込めて枕を
作り奉納したことから、現在も行われている「まくら祭り」が始まった。

近年は不眠に悩む人が増え、「枕=睡眠」ということから、全国でも
珍しい安眠の神様として知られるように。ここにお参りして
「ぐっすり眠れるようになった」という報告も多数あるそうです。

一方、私の目指す「安眠の神様と一体になる」ということは

菊屋の安眠枕・「ねいるケアあんみん枕」に安眠の神様に宿ってもらう
だけでなく、みなさまご自身が安眠の神様に包まれるということを
目指そうと思うのであります。

安眠の帳(とばり)としての大麻・ヘンプの蚊帳の中で安眠の神様と
いったいになっていただこうと思うのであります。

大麻は現在日本での栽培はもちろん、所持することも禁じられていますが
もともとは神聖なもので、注連縄(しめなわ)素材も大麻です。

天照大神の化身も大麻とされ、大麻は神霊が意志を伝えるため人間界に
現れるときに依りつく依代とも呼ばれるています。

大麻の帳でそのまま神と一体になることができます。

そのようなことばかり強調すると何やらうさん臭くなりますから
科学的に菊屋は3つのアプローチから 安眠の提供を目指していきます。

(1)睡眠のメカニズム 安眠のための16カ条

(2)睡眠環境の改善 点 ⇒ 面 ⇒ 空間
  <例えば>  点 = 枕つくりのワークショップ

(3)スピリチュアルな面からのアプローチ
    高次元睡眠法  ←  <例えば> 入棺体験

でも最後は、やはり私たち人間は大自然や神のご加護のもとで生かされて
いる存在だということを多くに人にご案内しながら

安眠への道しるべを気づいていこうと思っています。

「少年老い易く学成り難し」ではありますが、まだまだこれからだと
肝に銘じて、あんみ提供企業の道を歩んでまいります。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
三島おさむ著「どうぞ蚊帳の中へ!」キンドル判 105円

  ⇒ https://goo.gl/QCYLzZ
  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フェイスブックでも発信しています。
よろしかったら、「いいね」とお付き合いいただければ嬉しいです。

 → https://www.facebook.com/036mishima

-----------------------------

私たち菊屋は、お求めいただいた商品の各種メンテナンスを
通し、健康で快適な眠りの伝道師として、末永く、お客様の
眠りの改善・修復のお役に立てる存在を目指しています。

PAGE TOP