お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

書籍「どうぞ蚊帳の中へ」

カテゴリ:

日本経済の「蚊帳(かや)の外」にいた、人口10万人にも満たない田舎まちのふとん屋のおやじであった著者が書き上げた、21世紀に蘇った蚊帳のお話…

特徴

日本経済の「蚊帳(かや)の外」にいた、人口10万人にも満たない田舎まちのふとん屋の
おやじであった私は、なんとか蚊帳(ネット)の中に入りたくて、 1996年5月、40歳の誕生日にネットの世界にデビュー。ホームページを立ち上げました。

翌97年、そのネットの中に蚊帳を吊ってみたところ、それが21世紀に蚊帳がよみがえるきっかけとなり、新聞・テレビ、雑誌等にも掲載されました。

そんな中、毎週発行し続けた【快眠情報】の250号を区切りとして、一冊の本「どうぞ蚊帳の中へ」にまとめ上げました。

発行から15年の月日が経過し、蚊帳の良さを分かっていただきたい気持ちに変わりはありません。

蚊帳のことについてあまりよく知らない多くの人に、蚊帳の歴史・蚊帳の効果効用と使い方、 自然の中に生かされている私たちのあり方等について、蚊帳のご愛用者のみなさまと共に、より力強く、紹介させていただこうと、 電子書籍版「どうぞ、蚊帳の中へ」の発行・発売とさせていただきました。



書籍「どうぞ蚊帳の中へ」 -21世紀に蘇る不思議空間―
  三島 おさむ著  Amazon キンドル本 105円

⇒ https://goo.gl/QCYLzZ 



大陸から渡って来た蚊帳を、高温多湿な日本の気候に合わせて、日本独自の麻製の蚊帳につくりあげた古人の知恵。
自然を敬い、自然と共に、共生~共眠してきた古人。
どんな時でも、立てあい、助け合いの精神と、風鈴の音をきいて「ああ、涼しいなあ」と感じる日本人のDNA、そして、日本独自の麻の蚊帳の良さを、次の世代にも繋げましょう。
※蚊帳が2009年6ヶ国語で世界中に発信されました。

どうぞ蚊帳(かや)の中へ ~21世紀によみがえる不思議空間~

蚊帳は虫を殺さず身を守る道具として、平和な日本の心の 象徴であり、
日本の夏の風物詩とも言われてきた。
しかし、蚊帳はいつの間 にかこの世から消え、「蚊帳の外」などという言葉だけが残った。  

死滅したかのようにみえた蚊帳をバーチャルの世界に吊ってみると、
不思議なことに人々が集まりはじめ、蚊避けだけでない 蚊帳の新たな機能や使い方に気づかされ、
同時に、蚊帳にも 著者にも地球規模に至るまでの、さまざまな使命が与えられる ようになり、
両者に復活の兆しがみえはじめてきた。  

この奇跡とも言える蚊帳の復活に対し官も学も注目し、 21世紀 に蚊帳を求めに来た人々を分析した
「21世紀・蚊帳の中の人間 像」が産学官の合同プロジェクトによって究明された。

目 次

第一章 蚊帳の外から蚊帳の中へ

第二章 蚊帳はよみがえる

第三章 蚊帳の驚くべき効果

第四章 蚊帳と眠りにかける私の夢

第五章 21世紀、蚊帳の中の人間像

第六章 良い眠りが世界を救う  

付録 蚊帳の吊り方、たたみ方(図解)      
     眠りと枕のチェックシート

PAGE TOP