1997年8月 はじめて 菊屋のHPが雑誌にとり上げられました。
  まだ、インターネットがマニアックな時代。日経ゼロワンはこの分野では草分け的な存在でした。

デジタル時代の総合情報雑誌 
 日経ゼロワン 1997年8月 <No.15> に
自分に合う 枕が 探せる 眠りのサイト として紹介されました。

  ここからいろいろと採り上げていただきました(取材履歴)


記事

 

「ふとん屋ではなく、本当は眠りのコン サルタントになりたかったんです。正しい眠りの情報を提供し、睡眠の質の向上 に役立ててもらえたらとホームページを開設しました。」

 Jリーグチームジュビロ誉田のホーム タワンである静岡県磐田市、ジュビロードという商店街で寝具店菊屋を経営する三島治さんのホームページには、快眠のための様々な情報が掲載されている。

「眠りの質の向上には、自然体で睡眠をしないと駄目。これは正しい寝姿勢を保つということです。そこで大きな役割を果たすのが枕なんですね」。

  枕がかわると眠れないという人は多いし、枕の高さ・硬さの好みも人によって様々。果たして、自分にはどんな枕が最適なのか? 枕探しのページでは、三島さんオリジナルのチャート式による枕探しができる。自然に立った時の姿勢、好みの枕の硬さ、後頭部の形なとから、自分に合った枕を敢えてくれるというものだ。もちろん、その枕はホームぺ−ジからのオーダーが可能だ。「注文はいくつかありましたが、販促にはなかなかつなが りません」と苦笑いする三島さん。

  高枕、あご上がり、平枚なと、枕をし た際の頭の傾き具合をタイブ別に分け、各々に起こりがちな、身体への諸症状を紹介したぺ−ジもある。原因不明の頭痛や肩凝り持ちの人は、枕をかえてみるというのもひとつの手かもしれない。三島さんによると、枕無しの状態は最悪で、正しい寝姿勢を保つには、顔面の仰角をおよそ5度くらいに保つ枕が良いそうだ。

  チャート式による睡眠度判定のぺ−ジでは、判定結果と合わせてアドバイスも掲載。アドバイス内容に関連する病院やカウンセリングなと、専門家のホームぺ−ジへもりンクしている。

  これからの季節に役立ちそうなのが、睡眠対策。蚊帳の効用や現代の活用法を掲載している、夏の快適睡眠情報のぺー ジだ。ここでは各シーズンに合った快適睡眠術を随時掲載していく予定と言う。

  床ずれ対策や床ずれを防止するための器具類を紹介したぺ−ジは実用的。
「現在、竹炭を使った新商品の開発に取り組んでいます。竹炭は血行促進や、電磁波防止にも効果があるんですよ。こう した新商品の情報も今後べ−ジに反映させていきます」。

 その後の新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等へ登場履歴