蚊帳KAYA "KACOON" 日建スペースデザイン+菊屋  

日本では古来、家をつくる場合は「夏をもって旨とすべし」といわれてきました。
それだけ日本の夏は蒸し暑く、過ごしにくいのです。
夏を快適に過ごすために軒の深い屋根の下で
開口部をできるだけ開放して通風に期待する生活が展開されてきたのです。
夏は虫も多く、眠りを妨げます。
虫除けのためのネット状の「蚊帳」は2000年前に中国大陸より渡来しましたが、
日本では「麻」を織った蚊帳に発展させました。
近代になって開口部はアルミサッシュになって「網戸」が普及し、
さらに冷房を取り入れるようになったため、蚊帳は急激に姿を消しました。
しかし、蚊帳のやさしさ、癒しの効果は捨てがたいものがあり、
昔のように開口部を開け放して蚊帳のなかで自然を感じたいと思うこともあります。
その蚊帳を私たちは現代のスペースプロダクトとして再生しました。
このかけがえのない安眠空間を世界のみなさんに知っていただき、
アジアや日本の自然観や安眠の知恵を実感してください。

KACOON(カク−ン)は、新しい蚊帳のかたちを求めたスペースプロダクトです。
一辺2700mmの本麻で織った正四面体。稜線のフレームによって自立します。
中に正三角形のクッションを敷いて、一人で昼寝をしたり、三人くらいでお茶を楽しんだり。
蚊帳もクッションも折り畳んで専用のバッグに収納することができ、
ポータブル性に優れています。
KACOONは蚊を防ぐという本来の機能に止まらず、瞬時に特別な空間をつくり出します。
繭のように柔らかく人を包み込む、小宇宙にもなることでしょう。

デザイン:株式会社 日建スペースデザイン
東京都千代田区麹町5丁目4−19 セタニビル
tel: 03-3264-6609  fax: 03-3264-6697   URL: http://www.nspacedesign.co.jp

製作・販売:有限会社 菊 屋
静岡県磐田市中泉243
tel: 0538-35-1666  fax: 0538-35-1735   URL: http://www..anmin.com