蚊帳のトップ
(有)菊屋・蚊帳の博物館 静岡県磐田市中泉235 TEL:0538-35-1666 FAX:0538-35-1735  ■蚊帳の問合せ


ポリシー


菊屋の蚊帳つくりのポリシー


蚊帳は「虫を殺さず身を守る、平和な日本の心の象徴」  平和でやさしい心を育む蚊帳

菊屋は 「世界中が平和で安眠できますように」と、祈りを込めて 蚊帳の製造・販売をします。

蚊帳は蒲団よりも歴史が古いのです。 寝る時に外敵から身を守る道具として蚊帳はできました。

現代社会では、蚊ばかりでなく、さまざまなモノが眠りの邪魔しています。
自然と睡眠・覚醒のリズムを損なわない、蚊帳を今一度お考えください。

菊屋は蚊帳のあたらしい使命と眠りについて考えていきます

を守る蚊帳 → 脱・恐怖の蚊帳 → 避けの蚊帳 → 安心の蚊帳 → 安眠の蚊帳 → 癒しの蚊帳 → 祈りの蚊帳 → 究めの蚊帳 → 世界中が平和で安眠できますように!と命を守る蚊帳をアフリカへ つなげよう、世界中に安眠の環!

蚊帳の循環が、世の中の癒しの循環につながりますように

私は、上に記した「蚊帳の循環」を見出したのですが、一方、「癒しの循環」とは、「慰められる」 → 「自分らしく生きる」 → 「誰かの役に立つ」 これによってまた「慰められる」 という3つの体験が連環することで、実感できると思います。端的に「役に立ってこそ生かされる」と言うのも同じだと思います。

ちょうど、癒しのサロン等で、施しや愛情を受けて心身が慰められると、しだいに自分自身を肯定できるようになります。この気持ちを経験すると、次に「自分をもっと生かしたい」「自分らしく生きたい」という意欲が湧いてきます。それを実現すると、次に「自分だけの満足を超えたい」「誰かの力になりたい」という欲求が生まれてきます。それがマラリア撲滅のため、アフリカに蚊帳を送る運動等につながっていくのではないかと思うのです。

菊屋は安眠の提供を、蚊帳や寝具の製造販売と合わせて考えて参りたいと思います。

今の世の中、不安がいっぱい漂っていますが、蚊帳の中は安心です。どうぞ、蚊帳の中へ。

心を癒す蚊帳が、命を救う蚊帳に、世界が平和になる蚊帳に、良い循環が出来ますように。その中で生かされている自分自信を見つめ直し、これからも世の中の役に立てるよう頑張りたいと思います。


三島治
店主 三島 治


時は、日本国内においても蚊帳はすっかりその姿を消してしまった1996年、菊屋はホームページを立ち上げ、その進化過程の中で、まさに(インター)ネットでネット(蚊帳)が蘇ったのでありました。

菊屋の蚊帳の 離 (しゅはり) の進化・成長過程

  虫を殺さずに身を守る 平和な心が蚊帳の精神 その精神を受け継いだ奈良や近江の伝統的な蚊帳を販売させていただきながら、多くのことをお教えいただきました。
それから間もなく、西暦2000年、石橋武夫(現・京都西川会長)が最後の理事長を務められた日本蚊帳商工組合が解散しました。西川家は戦後の財閥解体で、東京、大阪、京都と分解しましたが、蚊帳商工組合に関しては、京都西川さんがそのつとめを全うされたと言えましょう。
蚊帳の浮世絵

  お客様のご要望から、ベッド生活にあった蚊帳、ムカデ対策用に底生地がついた六面体の蚊帳天然素材=麻100%で洗える蚊帳等々、21世紀にあった新たな蚊帳をつくるようになりました。
5年の月日をかけてカラミ織の蚊帳を完成させることが出来ました。洗えることも大切な要素ですが、目がずれにくい丈夫さと、織物としての美しさが、国内外で高い評価をいただきました。
日本の蚊帳がパリでの国際博覧会で評価をいただいたり、グッドデザイン賞をいただくなど、まさに型破りの蚊帳だったと言えましょう。蚊帳のJIS規格のサイズより、現代の布団の大きさに合わせて丈も20cmほど長くしたりもしました。
  カラミ織


  菊屋のテーマは世界中が安眠できますように!我も人もの安眠!菊屋の蚊帳は「モスキート(蚊)ネット」ではなく「安心のセーフティネット」、「安眠のスリーピングネット」、「癒しのヒーリングネット」、「祈りのプレーニングネット」、さらに世界中が安眠できますようにという夢の実現のための「菊紋和(きくもんなごみ)蚊帳」をシンボリックな蚊帳として確立させることによって、21世紀の持続可能な世界実現に向けてお役に立つよう頑張っていきたいとの覚悟です。
菊屋は蚊帳の製造販売を通して、世界の平和と人類の幸福に貢献できればと願っています。
心を癒す蚊帳を、命を救う蚊帳にかえられるように努力をします。

 2009年を蚊帳元年に! 世界中が一つ蚊帳の中へ!
 
つなげよう 世界中に安眠の環!

   菊紋和蚊帳

菊屋の蚊帳の特徴
 
世界中が安眠できますようにの願いを込めた 天然素材のカラミ織の蚊帳
●目がずれにくい ●織物としての丈夫さと美しさ ●麻の吸湿・発散性を発揮




現代に求められる蚊帳のご提案

ーマズローの欲求5段階説と蚊帳の進化ー


菊屋は人々の欲求に従い21世紀に蚊帳を甦らせたといわれますが、 人間の欲求には5段階あり右図の下から上へ上がっていきます。

このマズローの欲求5段階と併せた、蚊帳復活の5段階です。

1.生理的欲求  → 命を守る蚊帳
 
 マラリアから命を守る蚊帳 被災地の蚊帳
2.安全の欲求  → 脱恐怖の蚊帳
  ムカデ対策蚊帳 電磁波防止蚊帳
3.所属と愛の欲求  → 片麻・綿麻の蚊帳
  家族が一つ蚊帳の中、一家団欒の蚊帳
4.承認の欲求  → 本麻・カラミ織の蚊帳
  外務省から世界に発信した菊屋の蚊帳
5.自己実現の欲求  → 菊紋和蚊帳
   「アフリカをマラリアから救う」
   社会貢献に転化できる蚊帳

マズローの欲求の五段階
マズローの欲求段階説
マズロー(1908年〜1970年)は、人間の基本的欲求は5段階のピラミッドのようになっていて、底辺の欲求が満たされると1段階上の欲求を志すと説います。
菊屋はひとつひとつ、眠りのステップアップ、自己実現に向けた、睡眠環境づくりの一環として蚊帳を製造販売しています。

菊屋五段階の蚊帳マップ

菊屋オリジナル蚊帳
お客様の声を反映した商品開発〜修理補修 を展開中
糸の識別から 原則として生成り色(無線色・無漂白)
 ●麻糸 ●ヘンプ糸 ●綿オーガニックコットン糸
蚊帳生地を織る蚊帳の修理・お洗濯を承ります
 従来の平織り工法から、丸洗い可能な特殊織り(カラミ織)を開発
縫製して蚊帳を作る
 ●ベッド用蚊帳 ●六面体ファスナー付きムカデ対策用等 オーダーメードも承ります
安心・安眠・癒し・祈り空間の創造についての取り組み
菊屋では、子供たちの健やかな成長=【寝る子は育つ】のための
保育園での大きな蚊帳のオーダーメイド
も承っています。

● 虫刺されに敏感な、アレルギーに体質のお子様にも安心です。
● 園児はすぐに寝つき、先生の仕事もはかどります。
● 夏は涼しく、冬は暖か 一年を通してお使いになっています。
● 防炎加工などのご用命にもお応えします。
保育園の蚊帳
  菊屋ブランドの蚊帳=スリーピングネット(カラミ織)
菊紋和
菊屋のトップブランド 世界中が平和で安眠できますように!の実現を
大麻(ヘンプ)蚊帳 祈りの蚊帳(プレイニングネット) ヘンプ100%
麻蚊帳 癒しの蚊帳(ヒーリングネット)  麻100% (ラミー&リネン)  コットン&麻 
ロアース 「LOHAS」自然と暮らす+「EARTH」地球を、人を守る=「LOHARTH」 誕生
ワンタッチ蚊帳 ワンタッチスタイルの蚊帳 麻カラミ織 〜 各種
ムカデ対策蚊帳 底地の付いた六面体の蚊帳 はいらんと ムカデントU
京都西川月印蚊帳
443年の歴史をもつ西川謹製 伝統的な蚊帳
色  みどり(萌黄)のもの、ブルー(浅黄)の蚊帳
糸は 綿、レーヨンと麻の混紡、麻100%の3種類
※水洗いは不可        京都西川・石橋会長と →


海外の蚊帳
アフリカのマラリア対策としてプレゼントするのはタイ製の蚊帳です。
不思議なご縁で、元国連の職員で、オランダ人のマルセル・ダブルマン氏の会社と提携しています。
国連基準の良質の蚊帳を調達しています。
天蓋式(天井の一点から吊るし円錐状の蚊帳)が中心です。
また、PKO(平和維持活動)の一環として陸上自衛隊にもご活用いただいております。 
  ●アウトドア用蚊帳 ●ハンガーネット蚊帳 



蚊帳のトップページへ