「眠り」がいかに人生を決定づけていくか  なぜ、それに気づかないのだろうか?

多くの人は、勉強ができる、仕事がうまくいく、家庭がうまくいく、経営がうまくいく、・・・・・人生がうまくいく。それらの要因が質の高い眠りを得ているか、ぐっすりと、しっかりと眠れているかどうかにあることに気づいていません。

逆に、失敗したり、上手くいかなかったことの原因が「眠り」を粗末にしてしまった結果であることにすら気づこうとしていないのです。

「果報は寝て待て」と言われるほどの「眠りの大切さ」を理解して、安心して安眠できることが幸せへの道であるとに気づいていただければ幸いです。

私自身もことあるごとに、いくつかの眠れない夜を経験していますし、目的のために眠気を殺して戦ってきました。 しかし、そのような「眠り」をしながらも、寝具店経営とういう職業柄、さらに眠りについて追及しなければならない境遇の中で、数多くの方との不思議とも言える邂逅、先代から継承のミッションとして、この「睡眠繁栄法」をまとめてみました。  

蚊帳の博物館
  館長  三島 治
  (睡眠改善インストラクター)


では、どうすればぐっすりと眠れるか?

まず最初に、あなたの「眠り」に対する考え方をチェックしてみていただきたい。

眠りを粗末にしてはいませんか?
覚醒の時間と、眠っている時間、私たちに与えられた1日の時間は24時間です。
同じ時間でありますから、片一方が伸びれば、もう片一方は減ってしまいます。
減らさざるを得ない状況ならば、補うこともしっかりとしなければなりませんが、ただ減らしただけではどんでん返しを受けてしまいます。

では、どうしたら、理にかなった眠りを得られるか? あなたの「眠り」をフォーカスしてみてください。あなたの「眠り」に対する考え方はどうであるか? チェックしてみてください。

これまでの人生で、こんな体験はありませんでしたか? 眠りが影響を及ぼしていましたね。

  • ぐっすり眠ることは、一日を充実させてくれる素晴らしいものだと感じた。
  • 試験対策としても、前日まで自分が勉強したことを信じて、「まじめに取り組めば大丈夫!」と信じてぐっすりと眠る。それが試験の点数を上げるコツ。 実際にこの方法通り、テストの前日、ぐっすりと眠ることで、自分でもわかるほど頭の働きが違っている。
  • 普段よりも早く寝て、普段よりも早く起きるようにする。睡眠時間的には少し長くなっただけであるけれど、毎日の生活が、きらきらしているように思えた。

本レポートは、静岡大学人文学部経済学科での非常勤講師としての講義内容の一部です。
(2011.1.12 「企業経済特論W」) 「眠りの善し悪しが経営のバロメーター」
また、 上のコメントは学生さんたちから提出されたレポートの一部を抜粋したものです。

<今すぐ!どうぞ!>

目に見えない、眠りが、目に見える成果を生み出しています。
今日の眠りから、眠りを大切にして、輝ける人生に!寝ても覚めても Be Happy! を目指しましょう。あなたの気づかなかった、新しいあなたを発見ができるかもしれません。今すぐレポートを入手してください。

商品イメージ

眠りの善し悪しが人生のバロメーター
 寝ても覚めても Be happy! 
 
眠りを大切にする方法
全13ページ(PDFファイル版)

もちろん 無 料 お気軽に


お名前

メールアドレス



※ お名前、メールアドレスを入力し「確定」をクリックしましたら、ダウンロードURLが記載されたメールが届きます。もし、メールが届かない場合は、迷惑フォルダーに届いている場合もありますので、迷惑フォルダーのチェックをお願いします。ご請求から1時間が経過してもメールが届かない場合は、お手数ですが「別のメールアドレス」にて再度ご請求ください。