お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

 序章  蚊帳が蘇るまで

私は1956年(昭和31年)静岡県磐田市で寝具店を営んでいる両親のもとに生まれました。もはや戦後ではないと言われたが、まだまだモノ不足の時代。ふとんは作れば売れた時代。

安眠コム菊屋の前身 三島屋ふとん店創業当時

蚊帳は、日本の夏の風物詩としてどこの家庭でも愛用されていて、日本全国で年間300万張りの生産をしていました。
ふとん屋に限らず、モノさえ確保できれば、だれでもがそれほど苦労せずとも商売をガッチリとやっていけた時代でした。

ふとん屋の子供である私たち兄弟は、両親の愛情あふれる「蚊帳の中」でなに不自由なく育っていった。

ところが、昭和53年、父は48歳の若さで他界したのをきっかけに、私は時代遅れとなりつつあった「ふとん屋」を継ぐことになりました。

「滅びゆくものに栄光あれ」と言おうか「飛んで火にいる夏の虫」とでも言おうか、お家再興の武田勝頼か、はたまた真田幸村か、黙って負け戦をしない、どこかにきっと活路を!と、私は、命がけで戦ったのですが、やればやるほどに負債を積み重ねていくばかり・・・段々と、にっちもさっちもいかない状況に落ち込んでいきました。

もうダメだと意気消沈していたところに、1995年1月17日の関西淡路大震災を迎えたのでした。この大震災で、尊い多くの命が犠牲となりました。

わがもの顔で暮らしていた私たち日本人は「人盛んなりて天に勝ち 天定まりて人に勝つ」のことわりを思い知らされたのでありました。

菊屋では、もとより自然派寝具を中心に品ぞろえをしていましたが、この関西淡路大震災が、蚊帳の復活の契機となるとは思ってもみませんでした。

先ずは原点に立ち返り、地域のお客様お一人お一人に自然派寝具のご案内をして回ることにしました。

菊屋の自然派寝具

 キャメル敷ふとん  日干し丸洗いができる羽毛布団

自然と眠りをテーマに菊屋は立ち上がりました。

 

PAGE TOP