お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

No.284 眠りの分野に新しい波

2003年12月22日

今年もあとわずかとなりました。
この一年、いろいろなことがあったことでしょう。私にとって
も、この一年はとてもめまぐるしい一年でしたが、休むことな
く毎週【快眠情報】をを発行し続けることが出来ましたこと、
みなさまに心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

テーマは「目指せ眠りの自然体」として、いろいろなことを
お教えいただきながら、ブルーマンデー撲滅のためのコンテ
ンツづくりをしてまいりましたが、やはりこの睡眠に関して
も大きな波れが来ているようです。
その背景はというと、日本人の半数が潜在的にも不眠を訴え、
4人に一人が睡眠に関する問題を抱えているといった、不眠
大国=日本の実情があります。

こうなるとこのインターネットの世界でもよりよい眠りに対
する需要への対応として様々なサイトが登場しています。
今月に松下電工さんが中心になって立ち上げたサイトはこの
眠りの分野ではかなり広範囲にわたって眠りのことを扱って
います。
なかでも「眠り相談ソフト」というサイトは、今までにない
進んだサイトといえましょう。
ここでは、日ごろの眠りにかかわる簡単な質問に答えると、
現在の眠りの健康度を判定し、さらに、これからの快適な眠
りを応援するさまざまなアドバイスが提供されます。

一度お試しになってはいかがでしょうか。
→http://wwwt.mew.co.jp/wellness/club/dynamic/nemuri/soudan/index.jsp?f=1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このようにインターネットを用いた眠り分野へのさまざまな
取り組みが大企業によっても本格的に動き出しています。
モノの前にコトがあり、よりよく眠るコトのためにさまざま
なモノが括(くく)られるようになって来ています。

そのようになるのではないだろうかと私は、8年ほど前に
インターネットに取り組み、コトである「安眠」のドメイン
を取得し、あんみんドットコム<www.anmin.com>で、お役に
立つことをやりたいと希望して試行錯誤でやってきました。

本年の終わりには松下電工さんの動きに見られますように、
完全にそのような時になったのだなあと、しみじみとした
年の瀬を迎えることが出来ました。

この一年を振り返っても、たいへん多くの方にお世話になり
ながら各所でマスコミにも採り上げていただきました。
お呼びがかかった安眠講座の回数よりも、IT活用講座の方
が数倍多く、安眠を出発点としてかなりのひろがりが出来ま
した。
他方あんみんドットコムのウェブマスターとしてだけでなく、
ITを活用した、いわたネット協同組合を地元メンバーで
つくり、いわたブランドを育てようといった「eまちづくり」
活動にも取り組ませていただきました。
http://brand.iwatanet.com/
処女作「どうぞ蚊帳の中へ」も「いわたブランド」の認定
商品となり、各所で読まれているようです。・・・等々。

今年、本当にいろいろとありましたが2004年は申年で、私
は48歳の年男です。今年以上に来年は、もっと、もっと人々
に健康で快適な眠りをお届けできるよう、希望の一年を元気
にがんばらせていただきたいと願っています。
この一年本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目指せ、睡眠の自然体。睡眠環境の改善の道しるべ
→ http://www.anmin.com/bunkaten/teigi.htm

健康のためには質量ともに充実した睡眠をとるために
◆環境つくりのためのスリープケアシステムを導入
http://www.anmin.com/bunkaten/s-care-s1.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたは睡眠障害、大丈夫ですか?早期に発見。早期に改善を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【健康・睡眠診断】日本人の半数不眠 3割が潜在的不眠症!
あなたは? → http://www.anmin.com/kikuya/atene1.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼早起きサイト 子供の早起きをすすめる会 <http://www.hayaoki.jp/>
~ 朝陽を浴びて 昼間は大活躍 バタンきゅう ~

——————————————————————–
===========
構造医学の三島治療院  → http://fukutai.hoops.ne.jp/
===========
新しい治療法・構造医学の三島治療院 (院長・三島茂=私の弟)
住所 東京都世田谷区等々力5-3-8 アベニュー等々力2F
電話 03-3704-8691 【完全予約制】
================================

○このメールマガジンを書いている人=編集責任者は 三島 治です。
http://www.anmin.com/kikuya/watasi.htm

★ メールマガジン・バックナンバー(前回までを収録)
http://www.anmin.com/kikuya/index-melmaga.htm

メールマガジンの登録解除ご希望の方は下記のURLでお願いします。
メール解除 <http://www.anmin.com/kikuya/mail-kaijo.htm>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP