お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

No.333 新設・合併協議会だより

2004年11月29日

だんだんと寒い風が身にしみる季節になりました。
お変わりございませんか?

私は静岡県磐田市の昔ながらの駅前通り商店街で寝具店を
営んでおります。世間で言う「ふとん屋」の二代目です。

その店の隣の隣の隣で玩具店をしているのが家内の実家で
世間で言う「おもちゃ屋」です。こちらは乳母車屋から
数えて創業80年の老舗です。
(ちなみに、私と家内とは同級生でもあります。)

私の住んでいる磐田の人たちはたいていこちらの店のおも
ちゃで大きくなりました。それぞれに思い出がいっぱいの
店だったはずです。

商店街を運営する私たちからしても、歳末大売出しなどを
すると抽選券の発行枚数は一番で、この店の売上でお買い
物をされたお客さんに素敵な景品を出していたと言っても
過言ではなかったのです。

そのおもちゃ屋=「おわりや」と言うのですが、ついに幕
を閉じることになり、先週末から閉店セールに突入しまし
た。
私たちの成長過程になくてはならなかったお店。商店街の
魅力の中心だったお店でしたが、現状のまま存続が出来な
くなり、役目を終えていったん眠りに就くのであります。

お店が看板を下ろすことは死にも似たものがありますが、
なんとか生まれ変わってまた、人々の役に立たせていただ
きたいと、急遽、「おわりや」と私のところの「菊屋」の
合併協議会を設置しました。
→ http://www.anmin.com/kikuya/gappei.htm

あるべき眠りと玩具のあり方を求めて、ここ磐田市の皆さ
んはもちろん、日本中、さらには世界の人々が安心して安
眠できるよう働かせていただきます。

みなさまの懐かしい玩具のオークションサイトです
どうぞ、覗いてください。(ヤフーに出展しています)

http://openuser6.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/ichirowari?

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
このサイトののテーマは「目指せ眠りの自然体」
★自然の恵みが創造したキャメル敷ふとんを私はお薦めします。

http://www.anmin.com/kikuya/kyamel1.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんなキャメルを活かした敷ふとんはこんな特徴があります
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆驚くほど蒸れません
モンゴルの激しい環境に生息するフタコブラクダの毛、キャメルは
吸湿性・発散性に優れ、常に乾いた状態になる性質を持っています。
特に放湿力は羊毛の約2倍。一晩にかくコップ一杯の汗を吸収する
敷布団にはうれしい機能です。四季を通じて寝床内がサラッと心地
良く、汗をかいても蒸れません。
冬はもちろん、夏も涼しくさわやか。湿度の高い日本の気候に最適
です私のところの子供たちのオネショウの処理も楽でした。

◆心地よい自然の暖かさ
極寒期にはマイナス40度を超えることも稀ではない、モンゴルの
冬。その地に生息するフタコブラクダの毛は寒さに耐え抜くため毛
髄(毛の中身)が発達し、優れた留熱・保温作用を持っています。
キャメル毛の中芯は多孔質繊維。毛と毛の間に空気をため、とらえ
た体温を逃がしません。厳しい自然環境が生み出した天然素材なら
ではの暖かさが実感できます。

◆へたりにくく、長期間快適さを保ちます
敷布団の悩みであるへたり。キャメル毛は、繊維表面に羊毛のよう
なスケールがないため毛が絡み合わず、固くなりません。
フェルト化しにくい毛の特性は、中綿のへたりを抑え、抜群の耐久
性を発揮。適度な弾力性が長持ちし、長期間ふんわり快適に使えま
す。

◆寝返りを打ちやすい快適な固さです
20cm以上もあるキャメルの長毛は、丈夫で太く、腰の強い繊維。
体が沈まない最適な弾力性は、この優れた長毛をふとんわたとして
生かす特殊技術により実現しました。
ハンモック効果でしっかりと体圧を受け止めて分散し、自然な寝姿
勢を保ちます。また寝返りの打ちやすい適度な固さが、腰痛、肩こ
りの防止に効果的です。

◆ふとんでもベッドにも使えます
三層構造ハードマットとの組み合わせは支持性を高め、寝心地が
格段にアップします。もちろん、お手持ちの敷布団に重ねても良く
ベッドにも最適です。

◆収納、布団干しがラクラク
重たい敷布団は上げ下ろしも干すのも大変。コンパクト性に優れ
た敷布団なので、押し入れへの収納や日干しも楽です。

◆清潔度を高める世界特許のイオゾンα2
キャメル毛の特性をさらに引き出したのが、特殊処理技術のイオ
ゾンα2。エレクトロ二クスで発生させたイオンとオゾンの働き
で、不純物を極限まで除去、同時に殺菌・漂白・脱臭を実現。
耐久性、かさ高性から吸湿・発散性にいたる性能を驚異的に活性
化します。

どうぞ、自然の理にかなった敷き寝具としてキャメルをお使い
ください。→ http://www.anmin.com/kikuya/kyamel2.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここでの基本的な睡眠改善策は日本睡眠環境学会で発表させて
いただいた睡眠環境改善 第三の鍵「共生~共眠」をもとにし
ます。
http://www.anmin.com/kikuya/99gakkai/index2.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月13~15日に国際展示場・東京ビックサイトで開催された、
環境、デザインをテーマとした展示会=IPEC21でのコンク
ールで、株式会社日建スペースデザインさんのデザインで製作し
た蚊帳=名前はKACOON(カクーン)が見事、優秀賞(第2位)を獲
得!2005年1月13日~17日、仏・パリで開かれる国際家具見本市=
ムーブルパリに行くことになりました。英語も仏語もこれから再
挑戦しなくっちゃ。

→ http://www.anmin.com/kaya/04tenran-kai/ipec21.htm

虫を殺さずに身を守る。虫とも共生、平和な日本のココロの象徴
である蚊帳をなんとか、世界中に広めてまいりたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

安心・安眠のための物理的な環境づくりとそのステップ

第一段階では点である枕
→ http://www.anmin.com/kikuya/kikuch01.htm
第二段階では面である敷寝具
→ http://www.anmin.com/bunkaten/nesisei.htm
第三段階では面の上に乗っかる掛寝具
→ http://www.anmin.com/kikuya/honmono1.htm
そして、次に安眠空間を創るために蚊帳
→ http://www.anmin.com/kaya/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※大阪心斎橋のKPOキリンプラザ大阪でも
http://www.kirin.co.jp/active/art/kpo/art/now.html
10月2日(土)~12月5日(日)の間、
東京工業大学の塚本研究室の依頼で制作した大きな蚊帳が展示
されています。お時間がありましたらこちらもどうぞ。

——————————————————-

目指せ、睡眠の自然体。睡眠環境の改善の道しるべ
→ http://www.anmin.com/bunkaten/teigi.htm

健康のためには質量ともに充実した睡眠をとるために
◆環境つくりのためのスリープケアシステムを導入
http://www.anmin.com/bunkaten/s-care-s1.htm

◆羽毛ふとん 衛生面もご安心、さらに日に干せて丸洗い
ができる 世界13カ国特許の羽毛ふとんをお薦め!
安心してお使いになれます。
→ <http://www.anmin.com/kikuya/soumu1.htm>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたは睡眠障害、大丈夫ですか?早期に発見。早期に改善を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アテネ不眠尺度】日本人の半数不眠 3割が潜在的不眠症!
あなたは? → http://www.anmin.com/kikuya/atene1.htm

——————————————————————–
===========
構造医学の三島治療院  → http://fukutai.hoops.ne.jp/
===========
新しい治療法・構造医学の三島治療院 (院長・三島茂=私の弟)
住所 東京都世田谷区等々力5-3-8 アベニュー等々力2F
電話 03-3704-8691 【完全予約制】
================================
▼早起きサイト 子供の早起きをすすめる会 <http://www.hayaoki.jp/>
~ 朝陽を浴びて 昼間は大活躍 バタンきゅう ~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆私もDVDに出演! 忘れられた日本 フジテレビ制作

フジテレビ朝の情報番組「とくダネ!」の人気企画をDVD化
した「忘れられた日本」(ポニーキャニオン、2940円)
http://www.fujitv.co.jp/video/details/sonota/tokudwasu.html

=========================

○このメールマガジンを書いている人=編集責任者は 三島 治です。
http://www.anmin.com/kikuya/watasi.htm

★ メールマガジン・バックナンバー(前回までを収録)
http://www.anmin.com/kikuya/index-melmaga.htm

メールマガジンの登録解除ご希望の方は下記のURLでお願いします。
メール解除 <http://www.anmin.com/kikuya/mail-kaijo.htm>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP