お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

No.943 アーシングで「共生~共眠」を

2016年11月07日

40の手習いでホームページを立ち上げて20年になり、私も人生の
節目である還暦を越えました。

この20年間、anmin.com菊屋は「目指せ眠りの自然体」を目指し、
自然と共に「共生~共眠」を唱えてきました。

「共生~共眠」という言葉自体は1999年の日本睡眠環境学会で私が
初めて用いた言葉だと思うのですが、なりふり構わず用い続けて
きました。

自然派寝具である三島屋ふとん店時代の本物ふとんやキャメルの
敷布団、羽毛布団など、自然のリズムを損なわない寝具でやすむ
コトの大切さのもとになるのが「共生~共眠」の考え方です。

また、21世紀に蚊帳を復活させ、麻の蚊帳の持っている自然と
調和された眠りがまさしく「共生~共眠」の姿だと唱えてきました。

その後、脳を休める枕=ねいるケアあんみん枕を開発して、おとみんと
いう波の音をバックにやすむリズム睡眠法もこの「共生~共眠」
の姿であると発表しました。

一昨年には、そんなことを踏まえて、【講座】「クスリに頼らない
安眠術」を確立させました。

この講座が菊屋の基軸になっているのですが、その考え方の
中枢をなすのが「共生~共眠」なのです。

そして、還暦を迎えた本年「クスリに頼らない安眠術」の新たな
スキルとして「アーシング」を追加することにいたします。

アーシング

アーシングとは、毎日、地面に30分ぐらい、素足で立つ(歩く)
ことで、身体に蓄積した静電気を大地に放出すること、そして
地面を通してマイナス電子エネルギーを受けて身体に溜まって
いるプラス電子を中和(帳消し)する健康法です。

一言でいうと、地球とつながることです。

私たちの体内時計が25時間に対して、地球の時間は24時間です。

放っておくと、誤差が生じますので、太陽の光を浴びたりして
同調しなければなりません。

その方法の一つとして、このアーシングがあります。

アーシングとは新しいもののように聞こえますが、蚊帳同様に
忘れ去られていたものに他ならないのです。

今後私どもは、このアーシングとも取り組んで「共生~共眠」を
広めて参ります。

アーシングについての資料はこちらのページから。

母なる大地とのコミュニケーション http://earthing.jp/
共生 ~ 共眠のために
1.先ずは点である枕から
→ http://www.anmin.com/makura/index.htm 
2.次に敷寝具
→ http://www.anmin.com/kikuya/kosi3.htm
3.そして、掛寝具
→ http://www.anmin.com/umo/index.htm
4.そしてみんな仲良く和の蚊帳の中へ
→ http://www.anmin.com/kaya/

世界が平和で、皆が安眠できますように!とミッションを自覚し
安眠を目指して、働かせていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP