お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

No.1067 【麻てらす】上映会をします

2019年04月22日

ドキュメンタリー映画【麻てらす】(吉岡敏朗 監督)の上映会を

令和元年5月26日に静岡県磐田市の菊屋・蚊帳の博物館で開催します。

 ■ お申込み https://anmin-com.shop-pro.jp/?pid=142389801

平成から令和へ 新たな幕開けのこの時期に 心のよりどころとしての
「おお麻」について、知っていただけるように、おおあさヘンプの蚊帳
の季節に合わせて、磐田市菊屋・蚊帳の博物館で上映会をいたします。

麻てらす 上映会in磐田

午前・午後の部 映画鑑賞代金は1,000円です。よろしくお願いします。

なぜ、【麻てらす】の上映会をするのかというと 22年前に遡ります。

ある映画の上映会をきっかけに、田舎町の小さなふとん屋・菊屋が
蚊帳を復活させ、全国への蚊帳屋への道を歩み始めたのでした。

その映画は龍村仁監督の「地球交響曲・ガイアシンフォニー」でした。

地球交響曲ガイアシンフォニー

ガイア(地球)の声が聞こえますか?と呼びかけて、地球と共に
生かされている「いのち」に耳を傾けさせられる「癒しの映画」と
呼ばれています。

この映画は1992年の作品ですが、大きな映画興行会社からは相手に
されませんでした。

誰もが、ヒットするはずがないとお蔵入りを余儀なくされていたこの
映画は、口コミ・口コミで、全国あちらこちらで自主上映会が催され
ている奇跡の映画として、地球交響曲第一番から二番、三番・・・・八番と
今も続いています。

この映画に感動した人が、自分の家族、友人、知人などにその想いを
心から熱心に語り始め、自らが上映会を開催するようになったのです。

素人の”心からの想い”が、ひとりふたりと拡がり、専門家でさえ
売れないと判断した映画をここまに、押し上げたのでした。

この映画の存在を知った私は40歳定年の「JC・青年会議所」も
「商連盟青年部」も卒業していました。

この映画の上映会開催したいという想いを、既存の組織ではなく、
インフォーマルで新しい共通の目的意識でつながったインターネットの
ネットワークの力で、ここ磐田の地での上映会が実現されたのでした。

1997年5月、インターネットのつながりで全国からたくさんの助っ人が
磐田に集ってくれました。

今では当たり前ですが、ガイア史上でも、インターネットによる自主
上映会はこれが最初であったと思います。

龍村監督は「ネガティブな状況こそポジティブな世界を生み出す源泉」だ
と語っています。

『人間の想像力は、単なる絵空事ではない。人は心に描いたことを必ずい
つか実現する。そのために神は、人間に想像力を与えたのだ』
=フリーマン・ダイソン(地球交響曲第一番より)ともあります。

当時、物売りのふとん屋から脱皮してどうすれば、世の中の役に立ち、
喜んでもらえる存在になれるかと、あれやこれやと試行錯誤のうち、
1996年5月、40の誕生日にanmin.com を取得してHPを開設したのです。

生きる道を捜し求めていた寝具店菊屋よ今こそ変態を!と、ネガティブな状況に
置かれている私にとっての挑戦であり「気づき」となったガイアシンフォニーの
上映会でありました。この自主上映会から菊屋は本格的に蚊帳の販売と開発を
開始しました。

あれから22年、しっかりと蚊帳は蘇り、この先100年後にも残したいと
評価されるおおあさ・ヘンプの蚊帳も確立しました。

ここに、心のよりどころとなる【麻てらす】の上映会を開催したします。

 ■ お申込み https://anmin-com.shop-pro.jp/?pid=142389801

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP