お気軽にご相談ください。0538-35-1666

快適な眠り・安眠を提案する菊屋「安眠.com」

No.1075 ヒノキの蚊帳フレーム

2019年06月24日

夏至が過ぎ、本格的な夏の気配が漂ってきましたね。

またあのうだるような暑さがやって来そうです。

その寝苦しい夏に向けて、巷ではいろいろな寝具が提案されて
いるのですが私どもは自然派路線でご案内します。

その素材の基は、麻・ヘンプです。

そしてそのシンボルが蚊帳です。

害虫、とくに蚊対策の蚊帳はモスキートネットと外国では言われて
います。

日本への蚊帳のはじまりも外国、当時の中国、唐から遣唐使に
よって奈良の都へ持ち込まれたのがモスキートネットのはじまり
と言われているのです。

綿や絹で出来ていたそのモスキートネットに目をつけた近江商人は
高温多湿な日本の気候に合わせて「麻製の蚊帳」をつくりました。

この麻製の蚊帳は日本独自のものとして伝えられてきました。

この麻製の蚊帳は、モスキートネットではなくて、安眠の
スリーピングネット、そして癒しのヒーリングネットとして
蚊よけ、虫よけだけの道具ではなく、寝苦しい夏だけでなく、
冬も暖かく、ぬくもりを醸し出す安眠空間づくりの道具です。

菊屋は従来の平織りではなく、お洗濯も可能なカラミ織で麻製の
スリーピングネット、ヒーリングネットを世に出してきました。

昭和30年代までの夏の風物詩であった蚊帳とは違った新しい蚊帳を
社会に送り出してきましたが、課題はベッド生活や賃貸マンションで
蚊帳の吊り方がとても難しくなってきたのです。

そこで、菊屋は自然の天然木の蚊帳フレームをつくったのです。

この蚊帳フレームも新しい蚊帳と同様に、お客様のご要望に応じる形で
進化してきました。

素材はヒノキ。釘やドライバーを用いずに設置可能な蚊帳フレーム柱が
完成しました。

蚊帳のフレーム

この蚊帳フレームによって、一年を通して、蚊帳の中で快適な生活を
実現できたのです。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

国産ヒノキ 蚊帳フレーム 
 シングルベッド用 135×240cm 80,000円(税別)
 ダブルベッド用  180×240cm 95,000円(税別)
 シングルツイン用 240×240cm 110,000円(税別)

 → https://anmin-com.shop-pro.jp/?pid=65939002

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP