萌黄(もえぎ)の蚊帳

萌黄(もえぎ)の蚊帳

古く江戸時代から伝わるみどり色の蚊帳は「萌黄(もえぎ)」の蚊帳と言われ、蚊帳と言えば「萌黄色」が主流でした。

 

萌黄(もえぎ)の蚊帳

 

『となりのトトロ』に登場する蚊帳も、みどり色の萌黄蚊帳です。

風情ある色合いが、今も愛され続けている「昔ながらの蚊帳」です。

 

 

 

素材

純麻
縦糸・横糸/麻100%

片麻
縦糸/綿100%・横糸/麻30%、レーヨン70%

 

萌黄色(みどり)

 

附属品

プラスチックリング、調整紐

もえぎの蚊帳付属品

お手入れ方法

丸洗い不可

 

サイズ

  • 三畳用
    150×200×(H)200㎝
  • 四畳半用
    200×250×(H)200㎝
  • 六畳用
    250×300×(H)200㎝
  • 八畳用
    250×350×(H)200㎝
  • 十畳用
    300×400×(H)200㎝

もえぎの蚊帳天井

価格

  • 純麻 萌黄(もえぎ)蚊帳¥54,600(三畳用)~(税別)

 

 

  • 片麻 萌黄(もえぎ)蚊帳¥14,000(三畳用)~(税別)

 

 

特徴

みどり色蚊帳は「萌黄(もえぎ)」の蚊帳と言われ、蚊帳と言えば萌黄色といわれてきました。

となりのトトロに登場する蚊帳もこのみどりの蚊帳です。

もえぎの蚊帳とトトロ

寛永三年(1626年)の夏、西川二代目甚五郎は、蚊帳の荷を背負って近江から江戸に下る途中、あまりの暑さに大樹の陰で憩ううち、いつしか眠ってしまいました。

すると夢の中で、緑のつたがらすが一面に広がる野原にいる自分に気付きました。

生き生きとした若葉の色が目に映えて、気分はまるで仙境にいるようだったといいます。

夢から覚めた二代目は、「これだ!」と思わずひざを打ち、見たばかりの夢のイメージを、蚊帳に再現することを思い立ちました。

「寝る時も目覚めた時も、涼味あふれる緑の中にいると思えば、蚊帳を使う人の気持ちを和ませ、爽快な気持ちにさせることができる」と。

もえぎの蚊帳浮世絵
 
蚊帳は、このようにして萌黄色に染められ、紅色の縁取りをされて登場しました。

この近江蚊帳誕生のエピソードは、近江商人を語るいくつもの歴史書や物語によって紹介され、今も語り継がれています。

>菊屋ファミリーストーリー

菊屋ファミリーストーリー

脳と身体をやすめる枕~蚊帳までを提供する菊屋の物語

CTR IMG