ヘンプ100%カラミ織【令和の蚊帳】

古くて新しいヘンプの蚊帳のはじまり

菊屋おおあさ(ヘンプ)蚊帳

磐田市の寝具店・菊屋は1951年の創業以来、蚊帳を取り扱ってきました。

昭和の時代 古式ゆかしきみどり(萌黄)やブルー(浅黄)、そして白裾ぼかしの蚊帳を販売してきた。

それらは糊で固めた、平織りの昭和の蚊帳と言ってもいいだろう。

その後、1996年5月に安眠をテーマにしたホームページ www.anmin.com を開設、翌1997年より、ふとんや枕だけでなく、お客様のご要望に合わせた、洗えるカラミ織の21世紀の蚊帳の製造・販売も開始するようになりました。

これを平成の蚊帳と言ってもいいだろう。

昭和から平成へ、平成から令和へと、蚊帳も進化してきました。

 

麻でありながら指定外繊維のヘンプ

麻といってもいろいろな種類がある。

わが国では1万年以上も前の縄文時代から、人々に使われてきた麻だがその発掘の経緯についてはのちに触れることとして、昭和37年に制定された家庭用品品質表示法という法律で、「大麻」は「指定外繊維」となり、蚊帳の外に追い出されてしまったのである。

この家庭用品品質表示法が戦前からあったなら、大麻は苧麻(ラミー)よりも早く、縄文時代から愛用されていた立派な繊維なのだから、一番に麻100%の表示を許されたであろうに、現在、麻の表示を許されているのは20種類ほどある麻の中で、苧麻(ラミー)と亜麻(リネン)だけなのである。

戦後、アメリカGHQによる占領政策のもと、大(たい)麻(ま)取締法によって、栽培することはもちろん、所持していても罰せられることになった。

いまも取締法が現存しているのに、なんとも恐ろしいことに、そんな大麻で蚊帳を作れという依頼がきたのである。それもアメリカで生まれた、アースデーというイベントへの出展依頼であった。指定外繊維の大麻を使ったヘンプの蚊帳を、2004年のアースデーに合わせて作るようにとのことである。

 

アースデーでヘンプの蚊帳が復活

アースディ

アースデーとは文字通り「地球の日」で、環境問題に取り組むために毎年、4月22日を「地球の日=アースデー」と定め、世界各地でさまざまなイベントが開催されている。NPO法人・ヘンプ普及協会から、日本では認められない指定外繊維である大麻(ヘンプ)の蚊帳を、アースデー東京2004の会場である代々木公園にぜひ吊りたいというのである。まさに蚊帳に連れられてアースデーに参加することになったわけだ。

さて、アースデーは、地球のために行動する日、人間が地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有する日とされている。1970年にG・ネルソン上院議員によって誕生したアースデーには、大人から子供まで、国境・民族・信条・政党・宗派を超えて多くの市民が参加し、現在世界184の国と地域の約5000箇所で行われている、世界最大の環境フェスティバルともいえるものである。

日本で最初の歩行者天国が銀座に誕生したのも、このアースデーがきっかけだったようだ。もっとも日本でスタートしたのは、1990年からということで、次第に地球を愛する輪が広がり、2001年の東京では、新たに実行委員長として小説家でナチュラリストのC・W・ニコル氏を迎え、代々木公園と明治神宮、新宿パークタワーを会場に、さまざまなイベントが催された。

そして、その年は4月17、18、25日と代々木公園や明治神宮を中心に開催された。そんな風にして、地球環境に取り組む運動、アースデーの蚊帳の中へ、大麻・ヘンプの蚊帳をもって誘い込まれたのである。

もともと蚊帳そのものは、人にも地球にも虫たちにまでやさしいエコな道具である。また、いたずらに虫たちを殺すことなく身を守る、平和の象徴ともいえる安心と安眠の道具でもある。もっとも私が蚊帳を取り扱っていなかったら、アースデーや平和のためのイベントに積極的に参加することもなかったであろうが……。

アースデーでヘンプでカラミ織

カラミ織の設定

この2004年のアースデーに向けて、大麻(ヘンプ)の蚊帳をとの依頼に、二つ返事でなんとかしますと答えてしまった。麻の分量を最大限にした蚊帳の最高形態を完成したばかりであったので、有頂天になっていたのだ。

失敗に失敗を重ね、たどり着いた麻の蚊帳のタテ糸のラミーをヘンプに替えれば簡単にできるだろうと安易に考え、やす請け合いをしたのが間違いであった。

菊屋カラミ織りイラスト たて糸をヘンプにするのは至難の業

タテ糸のヘンプは、織り上げていく過程ですぐに切れてしまう。麻糸のラミーを制したのだから、ヘンプについてもうまくいくに違いないと判断したのだが、まったく想定外の出来事に戦た。

それでも時間とコストを費やして、なんとかアースデーに出展するだけの蚊帳生地を織り上げたのだが、その後の安定的な供給にはさらに時間がかかった、これは私自身の穢れを祓う大麻だったと思い返している。

【温故知新】ヘンプの蚊帳の誕生

温故知新【令和の蚊帳】

こうして2004年のアースデーで出来上がった大麻・ヘンプの蚊帳は、翌2005年、愛知で開催された愛・地球博にもお呼びがかかり、「温故知新 暑い夏を涼しく過ごす!」というテーマのもと、蚊帳だけでなく、ヘンプのシーツ、布団などの寝具も紹介された。

蚊帳同様、一般的な麻シーツには南米、東アジアなどの熱帯地域のラミー(苧麻)が使われているが、地球環境・自然環境をテーマとしたイベントでは、ヘンプがとり上げられるのだということを知った。

平成から令和の時代へ蚊帳の進化

ヘンプの蚊帳の中へ

はじめてヘンプの蚊帳づくりに着手して15年の歳月が流れ

平成から、令和へ 人類は眠りに目覚める時代を迎えました。

日本では東北大震災、熊本地震から、巨大台風、ゲリラ豪雨など自然災害に遭遇しながら、地球や自然に目を向ける時を迎えています。

さらに令和の子年、新型コロナのパンデミックは大自然からの戒め

さに

人盛んなりて 天に勝ち 天定まりて 人に勝つ

の理の如く、眠りについても眠るのではなく、眠らされている存在であり、共生すると同じように、共眠が大切だと気づく時代を迎えました。

菊屋はコロナショックに際してヘンプで立ち上がりました。

どうぞ、ヘンプの蚊帳の中へ

 

 

 

 

 

>菊屋ファミリーストーリー

菊屋ファミリーストーリー

脳と身体をやすめる枕~蚊帳までを提供する菊屋の物語

CTR IMG