菊紋和・羽毛ふとん

菊紋和(きくもんなごみ)羽毛ふとんの誕生

菊紋和・羽毛ふとん

菊屋オリジナル羽毛ふとん 新発売!

コインランドリーでも簡単に洗えて、乾燥機にもかけることができる羽毛ふとんです。

■ 丸洗いができるということは・・・・・

汗の汚れ、ダニを洗い落とし、アレルギー予防というだけでなく

1.吸湿・発散性に優れているということです。

一般の羽毛布団は生地の表面を樹脂で固めていますので、水滴をはじいてしまいます。
このため洗ったり日に干すことができません。

2.中身の羽毛をピーリング状態から解放できるということです。

ふんわりダウン

通常の羽毛布団は「陰干しで、お洗濯はドライクリーニング」となっていますが、菊紋和羽毛ふとんは、ご家庭でも丸洗い・日干しができるのです。

これによって、理想のふとんの中の温度33℃、湿度50%をキープしてくれます。

■ 理想の寝床内気候が何故できるかというと

寝床内気候

1.洗濯水が布団の中までしっかり浸透するほど吸湿性がいいからです。

2.浸透した洗濯水は、丸く固まった羽毛を活性化させ、元の状態に戻します。

これによって、羽毛は力を取り戻し、保温性、吸湿・発散性を発揮し、布団の中を理想の寝床内気候(温度33℃、湿度50%)をキープしてくれるのです。

これによって、自然の睡眠リズムを壊すことなく、爽やかな目覚めに導かれます。

睡眠中のリズム

縫製の仕方は

30マス立体キルト

縫製はヨコに5マス、タテに6マス(5×6=30マス)と身体にフィットして、ベッドからずれ落ちることなく、身体全体をまんべんなく包んでくれます。お洗濯後の羽毛の偏りはありません。

中身の羽毛は

ハンガリー産ダック

ハンガリー産のホワイトダックダウン85%、スモールフェザー15% 重量1.0㎏で、洗濯しやすい重量です。
身体全体にフィットして保温性、吸湿・発散性をいかんなく発揮してくれます。

洗濯できる羽毛布団

菊紋和・羽毛ふとん

菊屋オリジナル羽毛ふとん

菊紋和・羽毛ふとん

 生地: 綿 100% サテン生地
 中綿: ホワイトダックダウン 85%  スモールフェザー 15%

 ■シングルサイズ 150×210cm  50,000円(税別)

 ■ダブルサイズ  180×210cm  75,000円(税別)

菊紋和・ダウンケット

 ■シングルサイズ 150×210cm  39,000円(税別)

 ■ダブルサイズ  180×210cm  58,000円(税別)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「睡眠リズムに照準を合わせた羽毛ふとん」の新発売にあたり

1970年代、今のJR、昔の国鉄が「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンを打ち出したころ、菊屋の前身である三島屋ふとん店は、「ディスカバー・スリープ」を掲げ、眠りに感謝する運動を展開していました。

 

同時に、人間回復の寝具を目指し、太くて丈夫なインド・アッサム綿を使用した天然素材・綿100%の「本物ふとん」を製造販売しました。

間もなく、先代の父は48歳の若さで他界し、私が承継をしました。

眠りに感謝し、眠りを大切にという精神を引き継ぎ、睡眠環境のあるべき姿を模索しながらも、21世紀の現代に、安心・安眠・温もり・癒し空間としての麻・ヘンプの蚊帳を復活させることができました。

その蚊帳の素材を活かし、ヘンプの安眠枕、ヘンプのかやケット、ヘンプの敷ふとん、ヘンプのパットなど、菊屋オリジナルの寝具を世に出してきました。

ヘンプの掛ふとんについては、掛カバーのみヘンプ対応として、ふとん本体は(株)イワタの羽ふとんをご提案してまいりました。

今回の「菊屋オリジナル羽毛ふとん」は、軽くて暖かい、そして睡眠リズムに照準をあわせた、日干し・丸洗いができる掛ふとんです。

ヘンプカバーをかければ、機能的にも最上級の羽毛ふとんになります。

価格もリーズナブルに設定いたしました。

ヘンプ羽毛ふとん

ヘンプ羽毛布団

菊紋和・羽毛ふとんとヘンプの掛ふとんの組合せでヘンプ羽毛ふとんになります!

お買い得価格でご提供

シングル特別価格  70,000円(税別)
ダブル 特別価格 100,000円(税別)

羽毛ならではの保温性、吸湿・発散性に加え、古来より神聖な植物とされてきた大麻(ヘンプ)のパワーを加えた汗の吸湿・発散がよく、心温まる「人間回復の布団」です。

「菊紋和」のブランド商品として、親から子へ、子から孫へとご愛用いただけますよう育てて参ります。

菊屋のあゆみ

Go To スリープへの軌跡

1972年  三島屋ふとん店からの「本物ふとん」を製造販売

1978年  店名を菊屋に変更し、その3日後に父が他界 事業継承
      健康敷ふとん「キャップロール」の販売に心血を注ぐ

1981年  まちのふとん屋として羽毛メーカー「イワタ」の営業マン
       イワタの羽ふとんキャメル敷ふとんを主力商品として販売
      
1996年  HPを開設 anmin.com の取得 蚊帳の製造販売を開始

2005年  蚊帳の博物館の立ち上げ オリジナル枕を開発し
     菊紋和(きくもんなごみ)ブランドを立ち上げる

2014年  ヘンプ仕様「菊紋和・本物ふとん」を発売

2020年  糸から始めるモノづくり 仏・ノルマンディ産ヘンプを使用

2022年  菊紋和・羽毛ふとんを発売

5年後  繊維から始めるモノづくり タイランド産 ヘンプを使用

10年後  安眠総合プロデューサーとして立っていく

このように歩んでまいりたいと思うのであります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

>菊屋LINE公式アカウント友だち登録でヘンプマスクプレゼント!

菊屋LINE公式アカウント友だち登録でヘンプマスクプレゼント!

菊屋のLINE公式アカウントではお得情報や最新情報をいち早くお届けします。

CTR IMG