ねいるケアあんみん枕 新発売

信頼の菊屋のオリジナル枕

菊屋の枕

誕生は 2009年(平成21年)9月19日 中日新聞で発表

ねいるケアあんみん枕の発表

寝具販売の菊屋(磐田市中泉)が、寝返りが打ちやすく、ぐっすり眠れる枕を開発した。球状にした羊毛を中に詰め、外袋に麻を使った。

30年以上にわたって寝具を扱ってきた三島冶社長が「これまでの枕の集大成」と話す自信作だ。 19日に発売する。

基本にしたのは日本睡眠環境学会会員の加藤勝也さん(埼玉県草加市)が開発した枕。 枕の中身を三等分にし、厚みの違う球状の羊毛を敷き詰めた枕で、三島社長はこれに改良を重ねた。‘

 首と肩の部分はより滑らかな曲線にし、寝返りを打ちやすくした。羊毛を入れる袋の素材には天然の麻を採用。縦糸を絡ませながら横糸を固定していく立体構造の「カラミ織」で、風通しがよく涼しい枕とした。

 後頭部の形状は人によってさまざまなことから、補充用の羊毛を30グラム付けて販売。

三島社長は「これが合わなければ枕研究はあきらめる。そんな最良の枕が出来上がった」と胸を張る。   価格は1万2000円(税別)。


<その他、ねいるケアあんみん枕の関連記事>

■SHIZUOK新発見マガジン「a・un】12月号
ねいるケアあんみん枕

■「旅の手帳」2009年12月号で紹介。
■ 中部経済新聞 朝刊「ねいるケアあんみん枕」
菊屋の安眠枕が新聞掲載

 

■6月16日 わかさ8月号に 菊屋のねいるケアあんみん枕が紹介
■5月31日 ラジオ=エフエム愛知807の生出演
■5月1日  ソトコト6月号【特集】60の誠実な会社の話に掲載
■3月29日 日経流通新聞「ねいるケアあんみん枕」が掲載。

 

 

菊屋枕中身を開けた画像
最新情報をチェックしよう!
>菊屋ファミリーストーリー

菊屋ファミリーストーリー

脳と身体をやすめる枕~蚊帳までを提供する菊屋の物語

CTR IMG