カクーン 助六に登場

風を柔らかく運ぶ不思議なチカラ

カクーンが助六に掲載

昔の子どもはカミナリが鳴ると、 おへそを隠して蚊帳に隠れていました。

今でこそ、麻素材には電磁波を 防ぐ効果があるなんていう話をちらほら聞きます(真偽のほとは存じ上 げません)。

でも昔の人が、カミナリが落ちたときの電磁波を気にして 蚊帳に逃げ込んだということはないでしょう。

こんなスタイルで 蚊帳が蘇ったのです

蚊帳・カクーン

 そんな蚊帳もすっかり生産数が減 り、日本の夏から消えてしまうかと 思っていたら、21世紀にして復活の 兆しあり?です。

ちょつとお洒落な 蚊帳、「KACOON」というのを見 つけてきました。

 幅広いデザインワークを繰り広げる日建スペースデザインと蚊帳の老舗、菊屋が強力クツグを組んだこのモダンなプロダクト。

一辺270センチの正四面体、本麻仕様。折りたたんでパックに収納できるお手軽さも斬新です。

一歩中へ足を踏み入れれば、あの「プ~ン」のわずらわしさから逃れられるばかりでなく、 瞬時に自分だけの小宇宙を形成。まるで繭に包まれた蚕さながら。部屋に置けば、いつもの見飽きた風景が-変すること必至。

中にクッションを敷き、ひとり、うつら うつらと寝るのもよし。

本来、麻でできた蚊帳は、自然の 風を柔らかく運んでくれる不思議な力を持っているそうな。今年の夏は エアコンいらず。風を感じる蚊帳暮らしを はじめてみては。

蚊帳カクーンが助六に掲載

文:山臼圭司郎さん 「助六」「和」の手引きマガジン 取材

カクーンが助六に掲載
最新情報をチェックしよう!
>菊屋ファミリーストーリー

菊屋ファミリーストーリー

脳と身体をやすめる枕~蚊帳までを提供する菊屋の物語

CTR IMG