なぜ【菊屋】となったのか

菊花展にならい「菊屋」に改名

菊の花 菊花展
Japanese chrysanthemums

1978年(昭和53年)9月28日、三島屋ふとん店は「菊屋」と改めリニューアルオープンをしたのでした。

花づくりの名人は土づくりの名人

毎年10月~11月にかけて、全国各地で「菊花展」が開催され「花づくり名人」たちが丹精込めて育てた菊の花の大きさ、花や葉の形、虫の害など総合的な審査会が催されています。

「花づくりの名人」は「土づくりの名人」

菊の花を人に例えると、目に見えない根っこの部分が「眠り」です。

そうです!

しっかりした根っこが聞く全体を支え、全体の3分の一ほどの根っこから養分を吸収して、外界の日照や温度などの影響を受けながら、きれいな花を咲かせているのです。

そして、その根っこを支えるのが土です。

人生のきれいな花を咲かせるためには、睡眠が大切で、そのための
土壌にあたる部分が、敷ふとんであり、掛ふとんであり、安眠のための枕などの「寝具」です。

三島屋ふとん店としての使命

三島屋ふとん店時代の本物布団

この人生、各個人に備わった、天与の特技ともいえる「個性の花」をきれいに咲かせましょう!と祈りと決意を込めて

1979年(昭和53年)9月29日に、三島屋ふとん店は「菊屋」と改名し新しく生まれ変わったのです。

そして、その3日後の10月1日に社長である三島昇は他界し、長男である私・三島治が、事業を継承するに至ったのでした。

爾来、43年、なんとか絶やすことなく、継続させていただき、本年、菊屋の前身である三島屋ふとん店はから数えて「創業70周年」を迎えることができました。

先代の志、タスキを受け継ぎ「ぐっすり眠って人生を輝かせよう!」をテーマにこの先も、走ってまいる所存です。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

菊の花 菊花展
最新情報をチェックしよう!
>菊屋LINE公式アカウント友だち登録でヘンプマスクプレゼント!

菊屋LINE公式アカウント友だち登録でヘンプマスクプレゼント!

菊屋のLINE公式アカウントではお得情報や最新情報をいち早くお届けします。

CTR IMG