昭和の蚊帳の紹介 テレビ解説

現代に蘇った昭和の蚊帳 TVで紹介

静岡放送で菊屋の蚊帳の紹介

地元・静岡SBS静岡放送 人気キャスター水野涼子さんが、最近見かけなくなった蚊帳について、菊屋にご来店。昭和30年代まで夏の風物詩だった蚊帳が、いまどうしているのか、蚊帳の効果効能から、蚊帳の吊り方、たたみ方まで、テレビで分かりやすく蚊帳の紹介番組を制作してくれました。

蚊帳の外から蚊帳の中へ

昭和のみどりとぼかしの蚊帳

みどりの蚊帳とぼかしの蚊帳を紹介

蚊帳の外から蚊帳の中へ

蚊帳は害虫から身を守るだけでなく、素材である麻が湿気を吸うので部屋の湿度を下げて快適な眠りを誘うという効果も期待できるのです。

蚊帳のたたみ方をテレビ解説

蚊帳の畳み方

実際に水野さんが蚊帳をたたんでくれました。リハーサルで蚊帳を一回たためば、本番では簡単にたためるようになります。ぜひあなたも試みてください。

蚊帳の注意点 お洗濯は不可

蚊帳は洗濯が出来なかった

蚊帳のお手入れ
ところで、蚊帳はどんなお手入れをすればよいのでしょうか?やってはいけないのは水洗いです、めが広がり、素材である麻がだめになってしまうのです。そこで登場するのが掃除機、ほこりを落とすだけでまた気持ちよく使えるのです。

昭和の時代の蚊帳は平織りで、お洗濯が出来なかったのです。その後、菊屋は平成の蚊帳として、洗えるカラミ織の蚊帳を開発したのです。

洗える平成の蚊帳はこちら。

簡単に設置できるワンタッチ蚊帳

簡単に設置できるワンタッチ蚊帳

ワンタッチ式の蚊帳は吊り下げたりする必要がない自立型。大人が一人は入れる広さです。

昭和の蚊帳テレビで紹介
最新情報をチェックしよう!
>菊屋ファミリーストーリー

菊屋ファミリーストーリー

脳と身体をやすめる枕~蚊帳までを提供する菊屋の物語

CTR IMG